商品レビュー生活

【比較】ボールドのジェルボールを1年使ったがNANOXに乗り換えた理由

スポンサーリンク
sentakusamune

私は衣類の洗濯の際、今まで約1年間『ボールドのジェルボール』を使用していたのですが、今はトップ スーパーナノックス(NANOX)を使うようになりました。
個人的に衣類用洗剤はNANOXが最もオススメで、本記事では私がNANOXに乗り換えた理由とオススメしたい理由などを紹介します。

本記事の内容
  • ボールドのジェルボールを使うのをやめた理由
  • トップスーパーナノックスが優れていると思う所の紹介
  • ボールドのジェルボールとトップスーパーナノックスのコスパなど比較
スポンサーリンク

ボールドのジェルボールを使うのをやめた理由

洗濯物の画像

まず一つ言わせてほしいのは、ボールドのジェルボール(クリックでAmazon商品ページに飛びます)は素晴らしい洗濯洗剤です。1年間も毎日使用し続けましたから、気に入って使っていたということでいい商品なのは間違いないです。

ただ、私がなぜボールドのジェルボールを使うのをやめたかというと、『消臭』力が少し弱く感じたからです。元々、唯一の柔軟剤入りジェルボールということで、大変重宝していて、気に入っていたのですが、「少し匂いが弱いかなー…」と感じていました。私は衣服はいい匂いにさせたいと思っていて、強すぎる匂いは好みではないですが、匂いが弱いのもイマイチと感じてしまいます。
なので、別の柔軟剤も一緒に入れて洗濯するようになりました。

ある日、ジェルボールを切らしてしまい、たまたま家に余っていたNANOXとじゅうなんざを繋ぎで使ってみると、洗濯後の匂いが明らかに違う!とてもいい匂いになっていて、「あれ、いつもこんなにいい匂いになってたっけ?」と思い、洗剤を変えたからだということに気付きました。
使ったのはNANOXのニオイ専用(クリックでAmazon商品ページに飛びます)で、こんなにも変わるものなのかと驚きとともに感動を覚えました。
ボールドのジェルボールが悪いわけではないですが、NANOXのニオイ専用が消臭力に特化した洗剤であることからこのような差が生まれたのかと思います。

スポンサーリンク

NANOXが優れていると思う点

NANOXには青色の『通常版』のものと紫色の『ニオイ専用』と2種類があり、『通常版』は洗浄力に強みを持っており、『ニオイ専用』はその名の通り消臭力に強みを持っています。

私は『ニオイ専用』のほうを使っていますが、消臭力はほんとにすごいです。
私は部屋干しで浴室乾燥機で乾かしてますが、タオル類の匂いも一切なくなったし、洗濯後の生乾き臭もなく、非常に満足しています。
スポーツをされる方やお子様が部活動などで服がよく汚れるという場合は洗浄力重視の青の方を使うのがいいと思います。私はあまり服がそこまで汚れる機会というのはないので、消臭力重視の紫を使っています。

また、660gのサイズなら水30Lの場合だと66回分の容量ということで、コスパがいいのも大きな魅力です。だいたい薬局等で500円前後で見かけることが多いですから、1日1回の洗濯だとして、約2か月程持つということになります。

スポンサーリンク

どっちが楽なのか?使い勝手比較

私がジェルボールを使っていた理由、最大のメリットと思っていたのはやはり楽だからです。
洗濯物を干した後に次の日に備えてそこに1個入れておくだけで、次の日は全自動洗濯なので、スタートボタンを押すだけで完了。ボールドなら柔軟剤も入っているということで、ほんとに何もしなくていい。非常に楽なのでおすすめです。

ただ、私は結局別の柔軟剤も入れていたので、それだと手間に関しては普通の洗剤使うのと大差ないなって思ってNANOXを使っています。
NANOXにもキャップ型とプッシュ型の2種類があって、私は両方使ったことがありますが、プッシュ型が断然おすすめです!

ほんとに押すだけでとても楽なので、NANOXを買おうと思っている人はこっちがおすすめです。
片手で持てて、人差し指で簡単に押せます。1回で出る量は少なめなので、30Lなら3プッシュほどです。
さすがにポイっと入れるだけのジェルボールには敵いませんが、それでもキャップ開けてそこに入れて計って…とするよりは断然楽です。
プッシュボトルについては下記記事で詳しく紹介していますのであわせてご覧ください。

コスパ比較

コスパについても比較していきます。お店によって価格は変わってくると思うので、この記事の投稿日の2022年5月19日時点のAmazonでの販売価格で比較しようと思います。
定期お得便ならより安いですが、今回は通常注文での価格での比較になります。

ボールドのジェルボール(クリックでAmazonの販売ページへ)は最もコスパの良い容量が恐らく最大容量の86個入りで2,119円1個当たり約25円になります。洗濯物の量にもよって変わってくると思いますが、1日1回の洗濯で1個入れる想定として1日約25円になります。

NANOX(クリックでAmazonの販売ページへ)はAmazonでは本体のみの販売で正規価格というものがなかったので、本体+詰め替えのセットで見てみます。
容量はプッシュ型の400g+1230gで価格は1474円です。水量30Lの洗濯の場合で1回あたり10g使用になりますので、1日10gを使用すると想定します。そうすると163回分の容量ということで、1日あたり約9円です。もっと洗濯物が多いという方で、倍量使ったとしても1日18円ですから、圧倒的にコスパはNANOXが上ですね。

結論:NANOXのコスパと消臭力はすごい

以上、ボールドのジェルボールとNANOXを比較してみました。
個人的にはNANOXの消臭力およびコスパ大変素晴らしく思っていて今後も使い続けたいなと思っていますので、ボールドのジェルボールに戻ることはないのかな、と思います。

ジェルボールでいうとアリエールのものも使ったことはあるのですが、あちらは少し洗剤の匂いが結構強くて自分の好みの匂いではなかったです。
ボールドは柔軟剤入りのジェルボールということで、とにかく楽したい!という人向けのものと感じました。

ただ、やはり洗剤自動投入型の洗濯機があればすべて解決なのになあ…と感じてしまいました。ああいうのは結構高額になるので、それならいっそドラム型を買った方が…とも思いますし。とにかく自動で洗剤入れてくれる洗濯機がほしい!いずれ買れる日が来たらその時はまた記事にします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました