ゲームマリオカート

マリオカート8DXの『7D』とはどんなテクニック?やり方や名前の由来について

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

マリオカート8デラックスにおいて、7Dというテクニックを聞いたことはありませんか?
YouTubeのゲーム実況プレイ動画などでよく耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。本記事では7Dについての説明・名前の由来や、7Dができるコースの紹介をしています。

本記事の内容
  • 7Dとはなにか詳しく説明
  • 名前の由来
  • 7Dができるコースの一覧とその場所
スポンサーリンク

7Dとは?

7Dの画像

7Dとは、マリオカート8デラックスにおける走法、テクニックの一つです。
読み方は『しちでぃー』と読みます。(理由は後述)

マリオカート8デラックスのコースの中にはトランポリンが用意されているコースがいくつかあり、そのトランポリンを飛ぶ際に通常の走り方とは違う走法で飛ぶことで速度が大幅に上昇します。

違う走法とは、トランポリンでジャンプアクションをする直前でミニターボを解放するという走法です。でもトランポリン前でミニターボってどうやるの?という方のために具体的な方法を説明します。

通常、トランポリンのある場所は手前にダッシュボードがあり、その先にトランポリンがあって、両方でジャンプアクションができる仕様になっています。(『GBA スカイガーデン』のみ例外。トランポリン前のダッシュボードはない。)
ここのトランポリンの手前ではジャンプアクションを入れずに、ドリフトしながらダッシュボードを通ります。ドリフトを維持しながら空中でミニターボを溜めて、トランポリンに着地する直前でミニターボを解放し、そのままジャンプアクションを入れます。

この一連の動作を”7D”といい、上級者の間ではよく使われる走法となっています。
7Dができればスタート直後や前が詰まっているときなどに下位から一気に1位に出ることも可能ですので、上位を目指すなら習得したいテクニックです。

下の動画(私のツイート)はスカイガーデンでのオンライン対戦でスタート直後に7Dを決めたものですが、下位スタートでも7Dをしたことによって一気に1位に出ることに成功しています。
いかに7Dができるかできないかで、他との差がつくということがわかるかと思います。

7Dの名前の由来について

7Dという名前の由来は、マリオカート8時代に『7(しち)』さんというプレイヤーが発見した、というところから来ているようです。7DのDはドリフト(Drift)で、あわせて7D(しちでぃー)といわれるようになったということですね。

スポンサーリンク

7Dができるコース一覧

マリオカート8デラックスで7Dができるコースは以下の4コースです。

リンクをクリックするとそれぞれのコースの7Dのやり方解説記事へ飛びます。

どのコースにおいても7Dを決めるだけで一気に前に出られてかなり強いです。
上達を目指している方は是非上記の記事を参考に練習してもらえればと思います。

難易度的にはスカイガーデンが最も簡単で、次点でDKジャングルとミュージックパークが同じくらいの難しさでしょうか。ミュージックパークの方が少し難しいかな。GBAスカイガーデンはこの中では一番難しいです。つまり上記の並び順に、上から順番に難易度が上がっていく、と思ってもらえればいいかと思います。

キノピオハーバーだけカッコつきで書いているのは、あまり実用的な7Dではないからです。
コース終盤の路面電車の上がトランポリンになっていて、そこで一応7Dができます。
ただ、これは超上級者向けで、かなり難しく、VS(インターネット対戦)で実際にやるのは相当練習を積まないと無理なのではと思っています。
路面電車は動いていてしかも幅が狭く、周期も合わせるのが難しいということで、無理に狙いに行くような所ではないと思っています。

また、2022年8月5日に追加されたDLCコースの『キノコキャニオン』でも7Dができるポイントがいくつもあります。
このコースはキノコ型のトランポリンが多数配置されているので、7Dの名所と行ってもいいでしょう。

各コースの7Dができる場所

各コースの7Dができる場所について画像付きで紹介します。
やり方やコツについては別記事を参照してください。
(キノピオハーバーは割愛)

スカイガーデン

スカイガーデンの7Dの場所

スカイガーデンの7Dポイントはスタート直後にあります。スタート直後なのでもみ合いが激しく、他のプレイヤーに押されないように注意したいです。

3DS DKジャングル

DKJ7dの場所

こちらもスタートから割とすぐの場所にあります。スタートしてカーブを2回曲がったところです。花の見た目のトランポリンがかわいい。

3DS ミュージックパーク

ミュージックパーク7dの場所

こちらはコース中盤です。ピアノのカーブ、木琴と鉄琴のS字カーブを抜けた先にタンバリンのトランポリンがあります。

GBA スカイガーデン

GBAスカイガーデンの7d場所
GBAスカイガーデンの7d場所2

有料DLC第一弾から追加された新コース、GBA スカイガーデンは2つも7Dができる場所があります。
1つ目はスタートしてカーブを曲がった先にある葉っぱのトランポリン。
2つ目はキノコの形をしたトランポリンです。
葉っぱはかなりの速さになりますが、キノコの方はジャンプアクション2回とさほどタイムは変わりません。速いのは速いですが。

スポンサーリンク

まとめ

以上、7Dについて解説しました。
上記4コースで前張りをするなら必須のテクニックとなっていますので、走力を上げたいと思っているなら練習を頑張りましょう。
どれもコツをつかめば成功できるようになりますので、コツが知りたい、やり方がわからないという場合は別記事を参考に練習してみてください。

マリオカート8デラックスユーザー待望のコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
きっと楽しめること間違いなしです!マリオカート8DXコース追加パスの情報についてはこちら
ちなみにAmazonなら10%オフで購入ができますよ。(2022年7月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました