ゲームマリオカート

【マリカ8DX】スカイガーデンの7Dのやり方とポイントを解説【画像動画付】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

マリオカート8デラックスのコース『スカイガーデン』にはコース序盤にトランポリンがあり、そこで7Dというテクニックをおこなうことでかなり他との差をつけることができます。
スカイガーデンはいわゆる前張りコースで、上位を走り続けることで1位を取りやすいコースです。キノコショートカットができる場所もなく、打開が難しいコースなので、少しでも前を走るという意味でも7Dの習得は必須です。

スポンサーリンク

7Dとは

まず7Dとは、マリオカート8DXにおける走法、テクニックの一つで、トランポリンでジャンプアクションをする直前にミニターボを開放することで速度が大幅に上昇するというものです。7Dができる主なコースは今回紹介するスカイガーデンのほかに『3DS DKジャングル』、『3DS ミュージックパーク』、『GBA スカイガーデン』、『Wii キノコキャニオン』があります。(一応キノピオハーバーにも7Dはあるが難しすぎる)
7Dができるコースではこれをやるかやらないかで速度にかなりの差が出ますので、上位を目指すならぜひとも習得したいテクニックです。

(リンクをクリックすると各7Dの解説記事へ飛びます)

7Dについての由来などについて詳しく知りたい方はこちら

スポンサーリンク

スカイガーデンの7Dについて

スカイガーデンの7Dはスタート直後にあるダッシュボードとトランポリンがならんだ場所で可能です。
そのあとにもアイテムボックス前にトランポリンがありますが、こっちで7Dする人は基本いないんじゃないかな?
この1つ目のトランポリンで7Dをするだけでも一気に前に出ることができますし、このコースは圧倒的な前コースで、1位を走ることで最終的に1位を取りやすいですから、初手7Dを決めることで一気に前に出てそのまま独走という流れが理想的ではあります。

スポンサーリンク

スカイガーデンの7Dポイント解説

スカイガーデンの7Dのポイントは以下の3つです。

スカイガーデン7Dのポイント
  1. スタートしたらすぐに右側に寄る
  2. 金網部分からドリフト開始する
  3. 早溜め角度のスティックでターボを溜めて、着地直前で解放

参考までに動画も付けましたのでご覧ください。(私のツイート)

それでは具体的にやり方とポイントについて解説していきます。

1.スタートしたらすぐに右側に寄る

スカイガーデン7d解説画像

まず、スタートしたらすぐに中央線よりも少し右側に寄って、ドリフトを開始します。
ダッシュボードに乗る位置としてはほぼ右端くらいの位置で乗りたいので、ライン取りのためにドリフトを開始したらスティックはすぐに左に倒します。
右端に乗る理由はトランポリンでのジャンプアクション後に壁にぶつからないようにするためです。

2.金網部分からドリフト開始する

スカイガーデン7d解説画像2

スタート直後のドリフトでミニターボが溜まったら、金網の手前で解放し、左ドリフトを開始します。
この時意識したいのは、ドリフト時のミニジャンプの着地時に金網にちょうど乗るくらいの位置でドリフトを開始するということです。
ドリフトを開始したら、ダッシュボードの場所ではジャンプアクションは入れず、ドリフトを維持したままにしましょう。

3.早溜め角度のスティックでターボを溜めて、着地直前で解放

スカイガーデン7d解説画像3

ドリフトを維持したままダッシュボードに乗り、空中でもドリフトを維持しながらミニターボを溜めます
これはいわゆる空中ドリフトというテクニックで(略して空ドリといわれる)、空中でもドリフトをすることでミニターボが溜まるので、7Dはすべてこの空ドリができなければ成功できません。

ドリフトの最中のスティックの角度は真横に倒すのではなく早溜めの角度(30度)で倒すと、より成功しやすくなります。
空中でミニターボが溜まったらトランポリンに着地する直前で解放し、続けてジャンプアクションをすることで7D成功となります。
ジャンプアクションは右JA(スティック右+R)にすると左に行き過ぎるのを防ぐことができます。

失敗する原因

ここの7Dは非常にシンプルで簡単な部類なので、失敗の原因も突き止めやすいと思います。
主に考えられるのは以下の2点で、

  • トランポリンに乗れず、右に落ちてしまう
  • ミニターボが溜まらない

右側に落ちてしまうというのも、ミニターボが溜まらないというのも、スティックを左に倒せていない可能性が高いです。
ダッシュボード乗った時から思いっきりスティックは左に倒してオッケー(角度は30度)です。
おそらく左に倒しすぎるのを躊躇してしまうという人は、左に傾きすぎてトランポリン後の道で左の壁にぶつかってしまうことを恐れているのかなと思いますが、上でも書いたように、右JAを出すことで左に行き過ぎることを防げます。

まとめ:簡単で速いので是非練習しましょう

以上、スカイガーデンの7Dを解説しました。
ここの7Dは他のコースの7Dに比べてかなり簡単なほうなので、すぐに習得できると思いますし、その上これができるだけでかなり速く走ることができますので是非練習しましょう。

マリオカート8デラックスユーザー待望のコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
きっと楽しめること間違いなしです!マリオカート8DXコース追加パスの情報についてはこちら
ちなみにAmazonなら10%オフで購入ができますよ。(2022年7月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました