【マリカ8DX】アプデのステータス調整でテンプレが消滅?おすすめカスタムは?
ゲームマリオカート

【マリカ8DX】アプデのステータス調整でテンプレが消滅?おすすめカスタムは?

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

マリオカート8デラックスは2023年3月9日にコース追加パス第4弾が配信されました。
新コースの配信と同時にアップデートも行われますが、Ver.2.1.0では重さステータスの調整、Ver.2.2.0では無敵時間の調整、Ver.2.3.0とVer.2.4.0ではキャラ、マシン、パーツの性能調整が行われてきております。マリオカート8デラックスの対戦環境にも変化を持たらす内容となっています。

本記事では重さやスピード等の性能に関する調整とそれによるカスタムの変化について詳しく見ていきます。
無敵時間に関する部分については以下の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

マリオカート8デラックス アップデートの変遷

マリオカート8デラックスではコース追加パスでの新コースの配信と同時にアップデートも実施されており、ゲームバランスの調整も行ってきました。
各バージョンのバランス調整で主となる内容は以下の通りです。(リンクをクリックすると各アプデをまとめた別記事に飛びます。)

  • Ver.2.0.0 [2022.3.17配信] … アイテムボックスの復活間隔の短縮
  • Ver.2.1.0[2022.8.4配信] … 重さステータスの調整
  • Ver.2.2.0 [2022.12.7配信] … 被弾後の無敵時間の調整、落とサン廃止
  • Ver.2.3.0 [2023.3.9配信] … 一部のキャラクターやパーツの性能の調整
  • Ver.2.4.0[2023.7.12配信] … 一部のキャラクターやパーツの性能、無敵時間の調整
  • Ver.3.0.0[2023.11.9配信] … 一部のキャラクターやパーツの無敵時間の調整

本記事ではVer.2.1.0の重さステータスの調整とVer.2.3.0、Ver2.4.0の一部キャラクターやパーツの性能の調整という部分について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

アップデートによる重さステータス周りの変化

Ver.2.1.0の更新内容の中には以下のバランス調整が入っています。
(この項目は2022年8月に記述したものです。)

・おもさの差による、マシンの弾かれ具合を調整しました。

引用元:任天堂サポートQ&A(【マリオカート8 デラックス】更新データの内容を教えてください。)

これはパッと見てステータスに関する調整というよりは「重さに差があると弾かれやすくなった」か「重さに差があっても弾かれにくくなった」のかな?と思えるような書き方ですが、実はそうではありませんでした。

真の内容は「重さステータスが小数点以下切り捨ての廃止」でした。
この調整はかなり大きくて、マリオカート8デラックスの対戦環境にも多少なりとも変化をもたらすものですが、個人的には、軽量級・中量級のキャラクターの多少の救済のためにも「重さに差があっても弾かれにくくなった」方向の調整をしてもらった方がうれしかったかなという印象です。
もちろんこの調整もめちゃくちゃうれしいですけどね。

※その他の更新内容については以下の記事を参照ください。
》【アプデ情報】マリオカート8DX、Ver.2.1.0更新情報。多数のバランス調整など実施

スポンサーリンク

マリオカート8DXの重さステータスについて

小数点以下切り捨てとはどういうことかというと、以前までのマリオカート8デラックスは小数点以下が反映されない仕組みになっていました。
例えば、重さのステータスが3.5だったとしても0.5分の重さは乗らず、3.0の扱いになってしまっていたということです。

マリオカート8デラックスのステータスは0.25刻みですが、重さのみ実質的には0、1、2、3、4、5のみの6段階になっていました。
最小0.75~最大5.75の重さのカスタムを作成可能ですが、「〇.75」は最も効率が悪くなるので、「〇.0」になるように調整するというカスタムが基本でした。

それが今回のアップデートによって、小数点以下も切り捨てられず反映される仕様となりましたので、重さ3.25 も 3.5 も 3.75 もすべて意味のあるカスタムとなりました。

ちなみに、Ver.2.2.0のアップデートでの無敵時間に関する調整については以下の記事をご覧ください。
※参考・マリオカート8デラックスの無敵時間を考慮したカスタムについて考える

キャラクターやマシン、パーツの性能の調整

Ver.2.3.0ではついにキャラクターやマシン、パーツに上方修正が入りました。
こちらが2023年3月時点で最新のバージョンになります。

今回は準々重量級(ロゼッタ、リンク、キングテレサ)以下のキャラクターたちの速度が0.25増加、そしてその中でも一部のキャラはミニターボ値も0.25増加され、マシン・タイヤも一部ミニターボ値が増加されました。↓の画像の赤くしたキャラが速度のみの上昇、青くしたキャラは速度に加えミニターボ値も上昇したキャラたちです。

性能調整

Miiは軽量Mii、中量Miiは速度+ミニターボが増加、重量Miiは増加無です。

マシン(フレーム)、タイヤに関しても調整が行われていて、特に今回注目されているのはくまライドとネコクラシカル(この二つは同性能)、トルネードといったマシンです。トルネードと同性能の他2つのマシンは車体が大きいので被弾しやすいデメリットがあります。
今回はここの辺のマシンに着目してカスタムの解説を行います。

その他のVer.2.3.0の更新内容についての詳細はこちら。↓
》【マリカ8DX】Ver.2.3.0が配信。キャラ・マシン等の性能上方修正が実施!

テンプレカスタムに変化が?(Ver.2.2.0)

まずはVer.2.2.0の重さ部分について解説します。Ver.2.4.0の最新のキャラ性能調整によるカスタムに飛びたい場合はこちらをクリックすると下の項目に飛びます。

ワルイージカスタム
ワルイージハナチャンとパタテンテンの比較(引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成)

(2022年8月時点に考察した項目です。)
今までのテンプレカスタムといえば言わずと知れたワルイージ+ハナチャンバギーの通称「ワルハナ」ですが、このワルハナにタイヤは「ローラーライヤ」もしくは「スカイローラー」、グライダーは「かみひこうき」の組み合わせが最もバランスの取れた重さ3.0カスタムでした。
パタテンテンを使う場合は「ピーチパラソル」にすることで重さが3になります。パタテンテンはスピードはハナチャンに劣るものの、ミニターボ性能が0.5高いのでカーブが多いコースで強いです。

ちなみに、ワルイージがなぜテンプレになったかについては以下の記事で解説しています。↓

ただ、今回のアップデートによって重さがこれまでより重要視されるようになったので「ハナチャン+ピーチパラソル」の重さを増やしたカスタムと、さらに「くまライド」というカートが脚光を浴びました。

ワルイージ
ワルイージハナチャンとくまライドの比較(引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成)

このようにピーチパラソルにすることで重さが0.25プラスされるので、従来のかみひこうきよりも押されにくくなります。その分水中のスピードやハンドリング(まがりやすさ)あたりが犠牲になりますが、この程度の差なら押されにくいほうが圧倒的に有利です。

また、くまライドはハンドリングやグリップ(すべりにくさ)が落ちる代わりに重さが3.5になっています。あとの差は空中のスピードは速いけど反重力のスピードは劣るといった具合です。
この重さの差より周りのワルハナ軍団に押されにくくなるわけですが、現在ワルクマがはやっているかというと、流行ってません。

ワルハナの利点・魅力

やはりワルハナの最大の利点は操縦性の高さにあります。
ハナチャンバギーだとできる操作がくまライドだと難しい・失敗するといったことが多々あるので結局使いにくさが残った形です。
代表的な例を挙げると、マリオカートスタジアムでのロンググライダーが成功しにくかったり、直線壁際での赤甲羅消しが難しかったりです。(ハナチャンバギーは赤甲羅が飛んできても壁際で走るだけで赤甲羅が消える)
結局諸々込みにして考えると、個人的にはハナチャンバギーが最適という結論になりつつあります。

メタルマリオもアリ

ただ、メタルマリオもかなり可能性を感じる性能で、重さはクッパと同じ最重量ですが、ほぼワルハナと同性能のカスタムが存在します。

メタマリワルハナ比較
ワルイージハナチャンとメタルマリオの比較(引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成)

スピードは全体的にややワルハナに劣りますが、重さが0.5高く、ハンドリングもすべて0.25上で、ミニターボ4.25を実現しています。
これくらいの差なら十分実用的ではないでしょうか。重さで0.5の差をつけているのは普通に大きいし、見た目的にもメタルマリオは小さめなので前も見やすいです。
あと純粋にメタルマリオというキャラクターが魅力的に感じる人も多いと思います。
ワルイージに飽きた人はこのカスタムを使ってみてはいかがでしょうか。

一応、重さの変化について実際に検証された方もいて、実際に0.25の差で押され具合が大きくなっていることも確認できています。↓

ワルハナ一強時代の終焉?(Ver.2.3.0)

Ver.2.3.0環境は準々重量級以下のキャラクターたちのスピードが上がり、さらにその中でも一部のキャラクターは隠しステータスのミニターボ値も上がりました。上昇幅はすべて0.25です。(どのキャラが上がったかは上記参照。)

とりあえず配信直後の現段階で強いと言われている2つのカスタムをワルハナと比べてみましょう。

新カスタム
引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成

Mario Kart 8 Deluxe Builderも最新の状態に反映されましたのでこちらで作成しました。

ロゼッタはワルハナに地上・水中スピードは0.25、反重力スピードは0.5劣りますが、加速と重さは同値、ミニターボは0.5上回ります。このミニターボ値が高いことがデカくて、タイムアタックなどを見ても以前まででも軽量級がワールドレコードであったコースもおおいことからもミニターボ値の影響力の大きさがみてとれます。
その他、まがりやすさとすべりにくさはややロゼッタが上、無敵時間も1上回っています。

ルイージの方は全スピードと加速がワルハナから0.25劣りますが、重さとすべりにくさが同値、ミニターボは0.5上、まがりやすさも全体的に上回っています。無敵時間はロゼッタよりも0.25上です。
マシンがトルネードということで、こちらのほうがハナチャンバギーよりも重くスピードが速いです。
中量級を使うならワルハナの性能に近いのはトルネードということになります。

ロゼッタ、ルイージを使う利点はミニターボ値が高いのでカーブの多いコースでSMT、UMTまで溜めやすくなる走りやすさがあると思います。ハンドリングも高いので操作をしやすいというのもあるでしょう。

ただ、やはりワルハナの最大の利点はハナチャンバギーの操縦性や、使い込んだことによるキャラコンの慣れもあると思います。が、一度ロゼッタ、ルイージを使ってオンライン対戦に潜ってみましたが、ミニターボも溜まりやすいし、操作しやすくてスピードの差が埋まったことの大きさも実感できました。

今はワルイージ以外のキャラクターもたくさん使われていますし、この機会にいろんなキャラを使ってみたらいいんじゃないかなと思います。

ちなみに、ロゼッタはリンクとキングテレサが同性能ルイージはイギーが同性能です

中量級

マリオルイージひかく
引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成

ちなみに、ルイージとマリオは同じ中量級ですが、マリオが滑りにくさが上、ルイージがまがりやすさが上という差がありますが、それ以外は同じなので、好みで選んでいいと思います。見た目がすらっとしたルイージの方が前が若干見えやすいというメリットはあります。
ハナチャンバギーとトルネードの差は、トルネードがスピードを上げた代わりに加速が遅くなったものと考えておけばいいと思います。

マリオはルドウィッグ、中量級Miiと同性能となっています。

カスタム

その他、中量級で新しく追加されたキャサリングループのキャラクターたちも注目を浴びており、個人的にもよく使っていて強いと思っています。
キャサリン、ヨッシー、ピーチ、デイジーが同性能となっており、ロゼッタとはスピードこそ劣りますが、加速とミニターボが0.5高いので非常に扱いやすく、スピードの差を覆すほどの性能です。
キャサリン・くまライドはタイムアタックでもワールドレコードを記録しているカスタムですし、対人戦でも十分に強く戦っていけると思います。

キャサリンはもちろん同性能のヨッシー、ピーチ、デイジーもかわいいですし、どのキャラクターを使ってもいいでしょう。個人的にはデイジーが特に好きなのでデイジーをよく使っています。

また、その一つ下の中量級の猫ピーチ、インクリング(ガール)、むらびと(女の子)や、一つ上の中量級の狸マリオ、インクリング(ボーイ)、むらびと(男の子)も近い性能ですし使っていけると思います。

軽量級

軽量級比較
引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成

軽量級にしても、今回はベビィマリオのグループがスピードとミニターボが両方上がったので最軽量級のベビィピーチグループよりもスピード、加速、重さが高くてミニターボも同値になっています。
最軽量級を使うメリットはミニターボの高さと操縦性でしたが、ベビィマリオ帯の軽量級でも十分操縦性は高いですから、こちらを使っていくのも面白いと思います。

ちなみに今まで使われてきたパタテンテンとの差は、パタテンテンがスピードが低く、加速・ミニターボが高くなっています。
スピードも重要ですから、クマライド(ネコクラシカル)を使ってみてもいいんじゃないでしょうか。

Ver.2.4.0での流行りカスタム

こちらは2024年10月時点の情報については下記記事にまとめました。
※参考・【マリカ8DX】DLC第5弾以降のおすすめカスタム!一番人気はヨッシー?

以下はアプデ直後の環境が固まっていなかった段階での考察です。


Ver2.4.0ではふたたびくまライドが流行っています。(7月中旬時点)
Ver2.3.0で中量級環境になりましたが、現在もそれは変わらず、中量級のミニターボを重視したカスタムが良く使われています。

カメック
https://mk8dxbuilder.com/で作成

新しく追加されたカメックは中量級でルイージ、イギーと同性能ですが、ミニターボを重視したくまライドが再び脚光を浴びています。
くまライドはトルネードにくらべてスピードはやや劣るものの、加速とミニターボ、ハンドリングに長けています。
ハンドリングは反重力だけはトルネードより低いですが、それ以外は互角以上で操作性が高くキャラコンがしやすいカスタムになっています。

カメック2

また、今回のアプデで強化されたスケルトンや、特にミニターボに特化したパタテンテン(=そらまめ)も強いです。

ヨッシー

ただ、結局ヨッシーはくまライドでもミニターボ値がカメックのパタテンテンと同値なのでその辺を考慮してか、ヨッシーの方が使っている人が多い印象です。
また、今回のアプデでたぬきマリオ、むらびと(男の子)、インクリング(ボーイ)が強化され、ここがヨッシー帯とほぼ同性能になったのでこの辺も十分ありです。

現在は中量級環境なのでそこまで重さは重視する必要はなく、このカスタムが最強!みたいなのもないので、どこを重視するかによって好みのカスタムを使っていけばいいと思います。

Ver.3.0.0(最新状態)でのカスタム

キノピーチ

こちらは数日間様子を見て更新していく予定ですが、現状は大きな変化はないように思います。
というのも、今回はステータス調整は無敵時間のみで、その他の加速、スピード等は不変だったので環境的には大きく変わらないかなと。
キノピーチはヨッシー帯なので選択肢が増えたという形にはなります。

ただ、現環境で一番多く使われているくまライドの無敵時間が-0.50となったのでそれを嫌がるかどうかですね。
くまライドと同性能のネコクラシカルは不変なのでそっちを使うか、くまライドの次に流行っているパタテンテンかそらまめを使うかになるでしょう。
タイヤも無敵時間が増えているものがあるので、それらを試すのもアリです!

ワルハナ以外も強くなった良アプデ!

以上です。
Ver2.4.0以降、大きな改革ともいえる調整が行われ、多くのキャラクターが日の目を浴びています。
カスタムごとの差が埋まって様々なキャラを使っていきたいという人も多いと思います。
今回タイヤはすべてスカイローラーを採用していますが、他のタイヤをはめてみても大きく性能がかわらなかったりするので、実際にどんなカスタムがいいか、見た目も含めて上記サイトで是非みてみてください。

好きなキャラ、好きなカスタムを使っても他と大きな差が生まれない、ワルハナ以外も強く使えるようになった良アプデと感じています。
前回の更新(12月頃)では「次回のアップデートでは中量級・軽量級に何かしらの救済措置は与えてほしいものです。」(原文ママ)と記述させていただきましたが、それが現実になってうれしい限りです。

マリオカート8デラックスユーザー待望のコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
きっと楽しめること間違いなしです!マリオカート8DXコース追加パスの情報についてはこちら
ちなみにAmazonなら少し安く購入ができますよ。(2023年1月現在)

コメント