ゲームマリオカート

【マリカ8DX】アプデの重さステータス調整でテンプレが変化?おすすめカスタムは?

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

マリオカート8デラックスは8月5日にコース追加パス第2弾が配信されました。
新コースの配信と同時にアップデートも行われ、Ver.2.1.0の更新内容の中には重さステータスに関する内容も入っており、マリオカート8デラックスの対戦環境に変化を持たらす内容となっています。
本記事では重さステータスに関する調整とそれによるカスタムの変化について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

アップデートによる重さステータス周りの変化

Ver.2.1.0の更新内容の中には以下のバランス調整が入っています。

・おもさの差による、マシンの弾かれ具合を調整しました。

引用元:任天堂サポートQ&A(【マリオカート8 デラックス】更新データの内容を教えてください。)

これはパッと見てステータスに関する調整というよりは「重さに差があると弾かれやすくなった」か「重さに差があっても弾かれにくくなった」のかな?と思えるような書き方ですが、実はそうではありませんでした。

真の内容は「重さステータスが小数点以下切り捨ての廃止」でした。
この調整はかなり大きくて、マリオカート8デラックスの対戦環境にも多少なりとも変化をもたらすものですが、個人的には、軽量級・中量級のキャラクターの多少の救済のためにも「重さに差があっても弾かれにくくなった」方向の調整をしてもらった方がうれしかったかなという印象です。
もちろんこの調整もめちゃくちゃうれしいですけどね。

※その他の更新内容については以下の記事を参照ください。
》【アプデ情報】マリオカート8DX、Ver.2.1.0更新情報。多数のバランス調整など実施

スポンサーリンク

マリオカート8DXの重さステータスについて

小数点以下切り捨てとはどういうことかというと、以前までのマリオカート8デラックスは小数点以下が反映されない仕組みになっていました。
例えば、重さのステータスが3.5だったとしても0.5分の重さは乗らず、3.0の扱いになってしまっていたということです。

マリオカート8デラックスのステータスは0.25刻みですが、重さのみ実質的には0、1、2、3、4、5のみの6段階になっていました。
最小0.75~最大5.75の重さのカスタムを作成可能ですが、「〇.75」は最も効率が悪くなるので、「〇.0」になるように調整するというカスタムが基本でした。

それが今回のアップデートによって、小数点以下も切り捨てられず反映される仕様となりましたので、重さ3.25 も 3.5 も 3.75 もすべて意味のあるカスタムとなりました。

スポンサーリンク

テンプレカスタムに変化が?

ワルイージカスタム
ワルイージハナチャンとパタテンテンの比較(引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成)

今までのテンプレカスタムといえば言わずと知れたワルイージ+ハナチャンバギーの通称「ワルハナ」ですが、このワルハナにタイヤは「ローラーライヤ」もしくはスカイローラー、グライダーは「かみひこうき」の組み合わせが最もバランスの取れた重さ3.0カスタムでした。
パタテンテンを使う場合は「ピーチパラソル」にすることで重さが3になります。パタテンテンはスピードはハナチャンに劣るものの、ミニターボ性能が0.5高いのでカーブが多いコースで強いです。

ちなみに、ワルイージがなぜテンプレになったかについては以下の記事で解説しています。↓

ただ、今回のアップデートによって重さがこれまでより重要視されるようになったので「ハナチャン+ピーチパラソル」の重さを増やしたカスタムと、さらに「くまライド」というカートが脚光を浴びました。

ワルイージハナチャンとくまライドの比較(引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成)

このようにピーチパラソルにすることで重さが0.25プラスされるので、従来のかみひこうきよりも押されにくくなります。その分水中のスピードやハンドリング(まがりやすさ)あたりが犠牲になりますが、この程度の差なら押されにくいほうが圧倒的に有利です。

また、くまライドはハンドリングやグリップ(すべりにくさ)が落ちる代わりに重さが3.5になっています。あとの差は空中のスピードは速いけど反重力のスピードは劣るといった具合です。
この重さの差より周りのワルハナ軍団に押されにくくなるわけですが、現在ワルクマがはやっているかというと、流行ってません。

ワルハナの利点・魅力

やはりワルハナの最大の利点は操縦性の高さにあります。
ハナチャンバギーだとできる操作がくまライドだと難しい・失敗するといったことが多々あるので結局使いにくさが残った形です。
代表的な例を挙げると、マリオカートスタジアムでのロンググライダーが成功しにくかったり、直線壁際での赤甲羅消しが難しかったりです。(ハナチャンバギーは赤甲羅が飛んできても壁際で走るだけで赤甲羅が消える)
結局諸々込みにして考えると、個人的にはハナチャンバギーが最適という結論になりつつあります。

メタルマリオもアリ

ただ、メタルマリオもかなり可能性を感じる性能で、重さはクッパと同じ最重量ですが、ほぼワルハナと同性能のカスタムが存在します。

メタマリワルハナ比較
ワルイージハナチャンとメタルマリオの比較(引用元:https://mk8dxbuilder.com/で作成)

スピードは全体的にややワルハナに劣りますが、重さが0.5高く、ハンドリングもすべて0.25上で、ミニターボ4.25を実現しています。
これくらいの差なら十分実用的ではないでしょうか。重さで0.5の差をつけているのは普通に大きいし、見た目的にもメタルマリオは小さめなので前も見やすいです。
あと純粋にメタルマリオというキャラクターが魅力的に感じる人も多いと思います。
ワルイージに飽きた人はこのカスタムを使ってみてはいかがでしょうか。

一応、重さの変化について実際に検証された方もいて、実際に0.25の差で押され具合が大きくなっていることも確認できています。↓

結果的にはハナチャンバギー強化!

以上です。
結果的には今回のアップデートはハナチャンバギーが強化された形となりましたので、パタテンも徐々に人気が出てきていたところにまたワルハナ一強に逆戻りかと思われましたが、メタルマリオや、一応くまライドも台頭してきたということで、この先どうなるか注目です。
メタマリに関しては昔はかなり使われていたカスタムではありましたので、また環境に戻ってくるか見ものですね。

次回のアップデートでは中量級・軽量級に何かしらの救済措置は与えてほしいものです。

マリオカート8デラックスユーザー待望のコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
きっと楽しめること間違いなしです!マリオカート8DXコース追加パスの情報についてはこちら
ちなみにAmazonなら少し安く購入ができますよ。(2022年8月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました