サーモンランでカンストした感想、各種データ、意識したことなど④【すじこクマフェス回編】
ゲームスプラトゥーン

サーモンランでカンストした感想、各種データ、意識したことなど④【すじこクマフェス回編】

スポンサーリンク

こんにちは。

今回はスプラトゥーン3のサーモンラン NEXT WAVEでの2023年8月19日から21日のシフトでカンストしたのでそのデータや感想を記録に残したいと思います。
本記事では私が評価値999、いわゆるカンストまでたどり着いたことの感想や、立ち回りなどの意識したことについてまとめます。

過去のカンスト感想記事はこちら。↓
》ドンブラコクマフェスでカンストした感想、各種データ、意識したことなど
》【雑記】サーモンランでカンストした感想、各種データ、意識したことなど②
》サーモンランでカンストした感想、各種データ、意識したことなど③【ダムクマフェス回編】

スポンサーリンク

2023/8/19~21のシフトについて

すじこクマフェス

今回のシフトはスプラトゥーン3での3回目のクマフェスです。
クマフェスとはクマブキ(レアブキ)のみが支給されるシフトのことで、今回はまさにそのクマフェス、参加者数も普段よりもかなり増えることが予想されます。
クマフェスについての詳細、クマブキの一覧はこちらをご覧ください。

》サーモンランのクマブキ(レアブキ)一覧、クマフェスとは【スプラトゥーン3】

クマブキは高火力でとんでもない性能をしたブキですが、その代わりに扱い方が難しかったりインク消費が激しく長所短所がハッキリしているものが多いです。
そのため熟練具合が高くない人にとってはクリアするのが少々難しい回になるかもしれません。
逆に上手な人が扱えばどんどん敵を溶かしていくことが出来る編成で、とにかく楽しいと思えるシフトです。

前回のクマフェスは5月だったので3か月ぶりの開催です。
その前が2月だったので、ちょうど3ヶ月に1回のペースで来ています。
今後も3か月に1回の頻度で開催されればうれしいですね。

スポンサーリンク

今回のカンストの記録

999

私の個人的な記録を残しておこうと思います。
今回のシフトで評価値999のいわゆるカンストまで目指し、無事カンストすることが出来ました。

  • カンストまでのバイト回数 61回
  • 平均クリアWAVE 2.7

以前までは非公式のアプリを使用して集計結果を載せていましたが、そのアプリが使えなくなってしまったのでデータもほぼありません。
もう少し公式アプリが詳細にデータ記録してくれればいいんですけどね…せめて過去もっと遡って見れるようにしてほしいですね。直近50回までしか見れないのは少なすぎる…。
あとはオオモノシャケ倒した数のバッジがあるのにその倒した数(累計)がどこにも載ってないのはおかしいだろう。

さて、前回は49回でのカンストでしたが今回は多少失敗もあって61回でした。
ノーミスも400くらいで途切れた記憶があります。
満潮ヒカリバエでワイパー×2、ストリンガーとかそんな事故編成だったので仕方なしです。

やはり、よく言われている通り、2日目に入ると多少沼ります。
普段はでんせつとたつじん行き来してるような人でもブキパワーで結構上がって来れてしまうのですが、そういう人にとってはキケン度500〜700あたりが鬼門の一つで、この辺から難易度が高くなったことを実感しやすいのでしょうか。
それでも最も簡単なステージとも名高いすじこジャンクションのクマフェスとあって、自分は割とスムーズにカンストまで行けました。

スポンサーリンク

完走(カンスト)した感想

今回のステージはすじこジャンクション跡です。
すじこはかなり簡単な部類に入るステージですので、既にカンスト済みだったという人も多いとは思いますが、私はこの数ヶ月私生活で忙しかったので(ブログの更新もおろそかになるほど)、スプラトゥーン自体あまりプレイできてなかったのですが、今回はさすがに新ステのクマフェスということでしっかり時間を確保して臨みました。結果カンストができ、無事金バッジも獲得です。

すじこは個人的にかなりの良ステージと思っていて、通常潮位だと広いので納品が足りなくなりがちですが、そこをしっかり意識していればクリアしやすいと思います。
今回はそのすじこ×クマフェスということで、圧倒的パワーでキケン度MAXでさえも難なくクリアできるWAVEも少なくなかったです。

ただ、やはり満潮の渋滞具合なんかはクマブキを持ってしても苦戦することもあり、カタパッドとハシラ、ヘビが厄介でした。
こういう時に重要になってくるのがクマスロで、クマスロの貫通を活かせばカゴ前の渋滞も一掃できます。
満潮のクマスロがとにかく強くて強くて、満潮ではずっとクマスロ使ってたいくらい楽しかったです。
以下は満潮ではないですが、↓の動画を見てもらえればクマスロの強さがよくわかると思います。

反面、正直個人的に楽しくないと思ってしまうクマブキはブラスターとシェルター。
この二つは連射力とエフェクトは派手なのですが威力がそうでもないのでクマブキの中では実力だけ見ると地味な部類に入るのかなと。
爽快感ありそうなエフェクトの割に威力が微妙なのでシャケをどんどん溶かしていけるというわけでもないので連続でこのブキたちが来ると退屈さを感じてしまいました。
まあ、その他の武器が凄まじいパワーなのでそこでつり合いが取れている感じはしますし、クマブキは塗りが弱いブキもあるので塗りに長けているこの二つは1つ入っていると安心はするかなという所です。

意識したポイント

ここの項目は前回のクマフェスのときとほぼ同じでコピペになっています。

クマフェスにおいて意識すべきポイントとしてはやはりインク管理の徹底です。
クマブキは基本的にインク効率が悪いブキばかりとなっていますので、考えなしにぶっぱなしていればすぐにインクが尽きて動けなくなり敵に囲まれてデスしてしまいます。
各クマブキごとにインク満タン時に何発撃てるかなどを把握しておくとよいでしょう。各種ブキの特徴をしっかり理解しておくことで動きやすくなりますし、最大限にブキの強みを生かして動けるようになります。

クマブキの特徴については下記記事を参照です。下記記事から各種ブキリンクをクリックで詳細ページに飛びます。
》サーモンランのクマブキ(レアブキ)一覧、クマフェスとは【スプラトゥーン3】

また、カンストするうえで意識していきたいのは基本的な立ち回りを徹底するという点です。
クマフェスではブキパワーが凄まじいのでついついコンテナの遠くに行って敵を倒してしまいがちですが、しっかりと寄せれるオオモノはコンテナに寄せてから倒して、納品も欠かさず行うということは意識しましょう。
カタパッド、タワーばかりが出現したパターンを除いて納品不足で失敗するのが一番もったいない負け方ですから、とにかくさっさとノルマをクリアしてしまうことです。

サーモンランにおいてやってはいけない行為や、基本的な立ち回りについては下記記事を参照してください。
》【スプラ3版】サーモンランNEXT WAVEでやってはいけない行為11選
》【サーモンラン】伝説をめざす初心者向けの立ち回り基礎講座・解説【スプラ3】

まとめ

以上、4回目のカンスト記事、すじこカンスト記録でした。
すじこジャンクション跡は比較的難易度の低いステージですので、いつもはカンストできないけど今回はできたという人も多そうです。
クマワイパー4つなどの編成事故が起きればキツイですが、そういった事故がなければカンストを目指しやすい最強編成がこのクマフェスです。

スプラトゥーン3をまだ購入されていないという方、サーモンランユーザーの方は特におすすめです。Amazonなら少し安く購入することができますよ。

コメント