ドンブラコクマフェスでカンストした感想、各種データ、意識したことなど
ゲームスプラトゥーン

ドンブラコクマフェスでカンストした感想、各種データ、意識したことなど

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

こんにちは。マネキです。

スプラトゥーン3のサーモンラン NEXT WAVEでは2023年2月18日から20日のシフトにかけて「クマフェス」が開催されました。
このクマフェスとは公式の呼称ではなく、ユーザー間で呼ばれているものですが、使用できるブキがすべてクマサン印のブキのみの編成となっています。
本記事では私が今回のクマフェスで評価値999、いわゆるカンストまでたどり着いたことの感想や、立ち回りなどの意識したことについてまとめます。

スポンサーリンク

2023/2/18〜20のクマフェスについて

クマフェス

2023/2/18〜20にスプラトゥーン3では初となるクマフェスが開催されました。
クマフェスとは金ハテナ(ランダム)のマークの編成のことで、必ずレアブキが支給されるというものになっています。
レアブキとはなにかについては下記記事をご参照ください。

》サーモンランのクマブキ(レアブキ)一覧、クマフェスとは【スプラトゥーン3】

今回はステージが難破船ドン・ブラコということで、初心者のかたにはちとキツイステージではありますが、それもブキパワーで突破できる部分があるでしょう。

スポンサーリンク

管理人の記録

くまふぇす
クマフェスカンスト

私の個人的な記録を残しておこうと思います。
今回のシフトで評価値999のいわゆるカンストまで目指し、無事カンストすることが出来ました。

  • カンストまでのバイト回数 83回
  • 平均クリアWAVE 2.47
  • 集めた金イクラ 2058(1バイトあたり平均23.9)
  • 集めたイクラ 85721(1バイトあたり996.8)
  • オオモノシャケを倒した数1353(1バイトあたり平均15.7)
  • 倒したオカシラシャケ 14(総挑戦回数15、1回討伐失敗)
  • 助けた回数 148(1バイトあたり平均1.7)
  • 助けられた回数 168(1バイトあたり平均2.0)
  • 累計ポイント 34188

この記録の集計はSalmonia+3というアプリを参考にしています。(非公式アプリなのでスクリーンショット等の掲載は控えます)

カンストまでにかかったバイト回数は83で、その後オカシラ戦までやりたかったのであと3試合やって合計86回挑戦しました。
上記リストの2行目以降は86バイト分の記録となっています。

今回はブキパワーがすべて高いものが揃っていたため、赤イクラの個数もかなり稼げ、1バイト平均では1000に迫る数字が記録されました。
金イクラは平均24個と、これを多いとみるか少ないとみるかは人によって異なるかもしれませんが、少なくとも安定してカンストを目指すならこれくらいの数字はめざしたいという所ですね。

このリザルトを見て反省すべきポイントとしては助けた回数が少ない、助けられた回数(デス)が多すぎたという点です。
デス数が多くなりがちなのはスプラ3サーモンランNWの難易度的に仕方のない部分ではあるし、みなさんもデスしたことを恥じてほしくはないのですが、自分としてはもっと慎重に立ち回ればデスせずに済んだという場面もあったと思うので、次回以降は減らせるように改善していきたいです。

完走(カンスト)した感想

サーモンラン勢にとってカンストはめざしたい一つの到達点であると思いますが、今回カンストした感想としては、やはりクマフェスは楽しいということに尽きます。
通常使用できないレアブキを思う存分使用できて、敵をバシバシ溶かしていけますので爽快感がやばいです。

ただ、やはりその爽快感故か、伝説40~150あたりまでのところでは敵の討伐に意識が向きすぎている味方が多かったように感じ、納品足らずで失敗することがありました。(これは自分ももっと納品重視で行くべきだったと反省)

999までの道のりとしては、平均クリアWAVEが2.47だったのでそこそこ順調には行けたと思いますし、実際290~670までの間はノーミスで進むことが出来ました。
ここは味方にも恵まれた部分もあると思います。
レアブキは扱いが難しいものが多い反面ブキへの理解度が高まって慣れれば慣れるほど強さを実感できるものとなっていますので、200を超えたあたりからレアブキの理解度が高い味方と組むことができたのでしょう。

まあとにかく楽しかったということに尽きます。
レアブキは扱いが難しいのでミスすることは仕方のないことだと割り切れますし、お祭りイベントのようなものなのでいかに楽しめるかというところでしょう。

余談(ドロシャケ)

ドロシャケ92
ドロシャケ92

これは余談ではありますが、クマフェス中の満潮ドロシャケにて金イクラ92個を記録できました。
WAVE1~3を通しての金イクラ総数は165、ビッグラン上位5%入れる数字であります。
WAVE1,WAVE3の個数は大したことないですが、92個のおかげで160越えです。

やはりドロシャケにおいてのクマスロは神、最適ブキです。3回撃つとドロシャケは溶けるので、一瞬で倒せるうえ満潮なら金イクラを乱獲できます。
さらにクマスロは貫通するのでザコシャケもろとも倒せてしまうので、ドロシャケで苦労するポイントが一切ありません。とにかく楽しいです。

スポンサーリンク

意識したポイント

クマフェスにおいて意識すべきポイントとしてはやはりインク管理の徹底です。
クマブキは基本的にインク効率が悪いブキばかりとなっていますので、考えなしにぶっぱなしていればすぐにインクが尽きて動けなくなり敵に囲まれてデスしてしまいます。
各クマブキごとにインク満タン時に何発撃てるかなどを把握しておくとよいでしょう。各種ブキの特徴をしっかり理解しておくことで動きやすくなりますし、最大限にブキの強みを生かして動けるようになります。

クマブキの特徴については下記記事を参照です。下記記事から各種ブキリンクをクリックで詳細ページに飛びます。
》サーモンランのクマブキ(レアブキ)一覧、クマフェスとは【スプラトゥーン3】

また、カンストするうえで意識していきたいのは基本的な立ち回りを徹底するという点です。
クマフェスではブキパワーが凄まじいのでついついコンテナの遠くに行って敵を倒してしまいがちですが、しっかりと寄せれるオオモノはコンテナに寄せてから倒して、納品も欠かさず行うということは意識しましょう。
カタパッド、タワーばかりが出現したパターンを除いて納品不足で失敗するのが一番もったいない負け方ですから、とにかくさっさとノルマをクリアしてしまうことです。

サーモンランにおいてやってはいけない行為や、基本的な立ち回りについては下記記事を参照してください。
》【スプラ3版】サーモンランNEXT WAVEでやってはいけない行為11選
》【サーモンラン】伝説をめざす初心者向けの立ち回り基礎講座・解説【スプラ3】

まとめ

以上、スプラトゥーン3での第1回クマフェスについての記録でした。
今回平均クリアWAVEが2.47と、もう少し高くできればなおよかったかなというところですが、決して低くはなかったかなとも思いますし、しっかりとカンストもできて個人的には満足です。

次回開催は少なくとも半年くらい後にはなる気がしますが、それまでに新たなレアブキが追加されていればなお楽しみですし、それがなくとも十二分に楽しめるイベントとなっていますから、次回開催まで楽しみに待っておきたいと思います。

スプラトゥーン3をまだ購入されていないという方、サーモンランユーザーの方は特におすすめです。Amazonなら少し安く購入することができますよ。

コメント