【マリカ8DX】バンコクラッシュの2連7Dのやり方を丁寧に解説
ゲームマリオカート

【マリカ8DX】バンコクラッシュの2連7Dのやり方を丁寧に解説

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

マリオカート8デラックスのコース追加パス第4弾で追加されたDLCコース「Tour バンコクラッシュ」には7Dと呼ばれるテクニックをおこなうことができる場所が存在します。
コース終盤に7Dポイントが存在するので、1位逃げ切りのためにも是非習得しておきたい走法です。
本記事ではバンコクラッシュで7D成功させるためのポイントを解説していますので、是非参考に練習してみてください。

スポンサーリンク

7Dとは

まず7Dとは、マリオカート8DXにおける走法、テクニックの一つで、トランポリンでジャンプアクションをする直前にミニターボを解放することで速度が大幅に上昇するというものです。7Dができるコースはほかにもいくつかあり、それらをまとめた記事は別途作成しておりますのでそちらをご覧ください。(下記リンク)
7Dができるコースではこれをやるかやらないかで速度にかなりの差が出ますので、上位を目指すならぜひとも習得したいテクニックです。

7Dに関しての全般的な説明についてはこちら。↓
マリオカート8DXの『7D』とはどんなテクニック?やり方や名前の由来について

スポンサーリンク

バンコクラッシュ 2連7Dについて

コース追加パス第4弾で追加された新コースの「Tour バンコクラッシュ」は個人的には前張りが強いコースと思っていて、1位逃げ切りがしやすいとおもいます。

7Dができるのはコース終盤にある集会テントがたくさん並んだ場所で、ここは屋根がトランポリンになっているので2回7Dができて普通に走るよりも速く走ることができます。
トランポリンが並んだ場所というのはキノコキャニオンしかり、空中に浮きすぎて減速が激しいですから、7Dをすることで低空で飛べてとても速いです。

スポンサーリンク

バンコクラッシュ 7D ポイント解説

それでは実際にどうすれば成功しやすいか、やり方を解説していきます。

バンコクラッシュ2連7Dのポイント
  1. 降りる直前で逆ドリフトを入れてからJAスルー
  2. 着地直前にミニターボ解放しJA
  3. 1度目の7D後の着地時、JAせずに空ドリ

参考までに動画も付けましたのでご覧ください。

降りる直前で逆ドリフトを入れてからJAスルー

バンコクラッシュ7D1

まず、立体駐車場から飛び降りる際はジャンプアクション(JA)をしてはいけません。

7Dというのはミニターボを溜めながらトランポリン着地時にジャンプアクションをするという動きのため、その前段階でジャンプアクションをしてしまうとミニターボを溜められなくなってしまいます。
その為、ジャンプアクションをせず(JAスルー)、ミニターボを溜める動作をします。

空中でもドリフトを維持することでミニターボを溜めることができるので、空中にいる間はRボタン+左スティック右入力を押し続けます。
(ライン調整のために一瞬スティック左に傾けることはあります。)
そして、この飛び降りる直前に一度逆ドリフト、今回で言うと左ドリフトを一瞬入れてから右ドリフトに即座に切り替えるという動作をします。
これによってミニターボが溜まりやすくなったり、左右に行きすぎることを防いだりというメリットがあります。

着地直前にミニターボ解放しJA

バンコクラッシュ7D1

ドリフトしながら降りたあとは着地直前くらいにはミニターボが溜まってるはずなので、ここでミニターボを解放し、ジャンプアクションを入れます。
この時、右JAではなく、左JA(スティック左+JA)を入れた方が2回目の7Dも成功しやすいです。(ジャンプアクションはスティック入力の方向によって出方が変わる)
右JAだと右に行きすぎて壁にぶつかることがあります。

1度目の7D後の着地時、JAせずに空ドリ

バンコクラッシュ7D1

そして2度目の7Dです。

1度目の7Dのあと、トランポリンに着地したときはジャンプアクションをせずに、さっきと同じ動作をして空ドリを入れます。
そのまま上の画像の位置あたりを目指して飛び、1度目と同様にターボ解放+JAで7Dをします。
このピンクのトランポリンの左側に着地できればベストです。
右側に着地してしまうと右側の壁に当たってしまいます。

失敗する原因

バンコクラッシュの7Dは他のコースの7Dよりも少々難易度が高いものとなっています。
そもそも7Dが成功しないという場合は、ミニターボが溜まっていない、ライン調整がうまく行っていないというところが挙げられます。

ミニターボが溜まらないというのはこのコースにおいては逆ドリフトを入れることと、スティックを右に倒す時間を長くするということで解決するかと思います。
ライン調整を意識しすぎて反対にスティックを倒している時間が長いと溜まりづらいです。

また、ライン調整がうまくいかず右に行きすぎてしまうという場合は、初っ端の降りる位置を左寄りにするか、ドリフト中のスティックの角度を早溜めの角度にして曲がりすぎるのを防ぐなどすると良いです。
早溜めとは、スティックの角度を斜め30度に倒すことで、真横に倒した時と同じ速度でミニターボが溜まるため曲がりすぎずに素早くミニターボを溜めることができるというテクニックです。
これを使えば曲がりすぎを防ぐことができるでしょう。

まとめ

以上、バンコクラッシュの2連7Dについて解説しました。
ここの7Dは中々に難しい部類で、そもそも7D自体が初挑戦だという人はまず他のコースで7Dができるようになってから挑むと良いかもしれません。
オススメは王道のDKジャングル、クセがなく簡単なスカイガーデンあたりです。

コメント