ゲームスプラトゥーン

【スプラ3】クマサン印のシェルターの前作との違いや強さなどを解説【サーモンラン】

スポンサーリンク
クマシェルアイキャッチ画像

2022年11月19日~21日にかけてのサーモンランNEXT WAVEのシフトでクマブキ「クマサン印のシェルター」が登場しました。
本記事では「クマサン印のシェルター」の前作との違いや、上手な使い方・生かし方、このブキの強みと弱みについてまとめます。

スポンサーリンク

クマサン印のシェルターについて

クマシェル

「クマサン印のシェルター」はスプラトゥーン2で使用できたブキですが、今回のシフトで再登場となりました。
サーモンランのバイトの雇い主であるクマサンによって作られたのがこの「クマサン印のシェルター」です。

クマサン印のブキというのは違法改造ブキで、サーモンランの特定編成でのみ使用できます。
前作スプラトゥーン2でも4種(チャージャー、スロッシャー、シェルター、ブラスター)登場しています。クマサンの私物であり、前作のクマサン商会からのお知らせでは「見つけても絶対に持ち出さず、口外しないでください。」という説明がされていることからも、一般には流通していない違法ブキであることが伺えます。

クマサンブキは基本的に通常のブキと比較して「インク効率を悪くした代わりにとんでもない性能を身につけた」ものとなっていて、このシェルターはインク効率はそこまで悪くはなく威力もそこそこではありますが、しっかりと凄まじいスペックを誇ります。
クマサン印のシェルターはクマシェルと略されることが多いため、本記事においてもクマシェルと記載します。

シェルター種のブキの特徴としては、まず弾が散弾であるという点で、このクマシェルも同じく散弾となっています。とんでもない連射力と塗り性能を有し、圧倒的なサポート力を誇ります。
というのも、一発の威力自体はそこまで高くなくて、弾は1発15ダメージ、すべて命中すれば全部で80ダメージです。DPSは最大400と、並のシューターより少し高い程度で少しクマブキとしては物足りなく感じるかもしれませんが、このブキの最大の魅力は塗りによるサポート性能です。
キケン度が高くなり敵が多くなってきて敵インクで塗られても、このブキが編成に入るだけで塗り返されてもすぐに盤面を整えてくれます。

ただし、もう一つの特徴であるカサによるガード、パージ性能がなくなっています。
このクマシェルは傘の部分を取っ払っており、骨組みだけの傘という特異な見た目をしていて、そのおかげでガードができません。
ガード、パージ性能をなくした代わりに連射性能と塗りに特化したという派手なブキです。

スポンサーリンク

クマサン印のシェルターの上手な使い方

クマブキは極端な性能をしていますから、扱いやインク効率に難があるというデザインのものがおおいですが、クマシェルは極めて単純かつ明瞭な使い方になります。
基本的にZRボタンを長押しするだけで扱えるためブキ練度をほとんど必要としません。

他のシェルター種のように連打するのではなく長押しすることとなり、連打するとクマシェルの強みである連射力が損なわれてしまいますので注意が必要です。
ただ、本当に長押ししているだけで面白いように塗れてインク効率もそこそこいいので誰でも使えるような性能デザインです。

まずクマシェルを持った際にやりたいこと、役割としてはやはり塗りでしょう。
WAVE開始前はもちろん、WAVE終了後に次に備えて塗り返しをするのも重要です。
それ以外にもブキスペック自体高いですから、ザコ処理はもちろん、オオモノ処理も全般行うことが出来ます。
苦手な敵は特にいないといった感じで、本当に万能でいろんなことが出来るブキです。

スポンサーリンク

前作からの変更点

塗り画像

前作スプラトゥーン2ではクマシェルはクマブキ(レアブキ)の中でもイマイチな部類と評されることも多かったのですが、今作スプラトゥーン3では評価が覆ったように思います。
今までなぜ評価が低かった(※あくまでクマブキの中でです)のかというと、インク効率が悪い、インクロックが長い、威力が低いという三重苦のせいでしたが、これが改善されたことによって大変使いやすくなりました。

インク消費量自体は変わっていないので、インク効率も変化なし…ではあるのですが、インクロック(インク回復までの時間)がシューター並に短くなったので、その分インク効率が上がったという見方もできます。
以前までは威力が大したことない上にインクロックが長いせいでどうしても強いとは言えない、ただ塗れまくるだけのブキという印象だったのが、弾数も増えたことで威力増インク回復が早まりただ塗れるだけのブキではなくなりました。

だめーじ
全弾命中で80ダメージ

ちなみに威力に関してですが、2では一発15ダメージは変わりませんが最大60ダメージでした。3では最大80ダメージまで増えましたので、ドスコイやオオモノシャケに対する確定数も当然変わってくるためこの上方修正はメチャクチャでかいです。
連射力が凄まじいためたった20ダメージの上昇でも、DPSは2では300だったのが3では400と大きな飛躍を遂げました。

来てもあまり嬉しくないクマブキから一転、素晴らしい性能へと変化し編成に加わると安心感を得られるブキへと進化しました。

開催履歴、スケジュール

現時点では次回のクマシェル編成がいつになるかは全く不明です。
また、何種類のクマブキが登場するかも不明なので、不透明な部分が大きいです。

前作はクマブキ登場回はひと枠だけランダムブキの回もありましたが、今作は毎回オールランダム編成となっており、今後もそのようになると考えられます。
ランダム編成の開催間隔は第15回→第31回→第44回と決まった間隔で開催されるわけではないようですが、週末の開催になることは予測できます。
ここまで毎回異なるクマブキが登場しており、クマフェス(全クマブキのランダム編成)を開催するためにも最低もう一種類はクマブキが出るでしょう。
その次のランダム回がクマフェスとなればクマシェルも使用可能です。そう考えると、現時点ではおよそ3〜4週間に一度ランダム編成が開催されているため、次にクマシェルを使用できるのは6〜7週間後になりそうです。

クマシェル編成回の開催履歴は以下の通り。

  • (1回目)第44回 11/19 9:00 – 11/21 01:00

まとめ

以上、スプラトゥーン3のクマサン印のシェルターについて解説しました。
スプラ2では決して弱くはないとはいえ、見た目の派手さの割に微妙と思われていたブキですが、スプラ3で強化されて再登場しかなり印象が変わったという人も多そうです。
今回の強化でようやく派手なエフェクトに効果が追い付いたと感じています。
次回以降に使用できるのは少なくとも1か月は先になるかと思いますが、それまで楽しみに待っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました