マリオカート8DX オンラインチャレンジ2023の参加方法・ルール、上位に入る戦略など
ゲームマリオカート

マリオカート8DX オンラインチャレンジ2023の参加方法・ルール、上位に入る戦略など

スポンサーリンク
オンラインチャレンジ2023

マリオカート8デラックスの公式大会が昨年に続き今年もやってきました。

マリオカートの公式大会自体は過去にタイムアタック大会というものが数回行われていたり、「マリオカート7」でもレース形式の公式大会が行われていたようですが、「マリオカート8 デラックス」では5年間音沙汰がなかったところ、昨年初の大会が実施され、今年も二年連続で開催決定です。

本記事ではマリオカート8 デラックス オンラインチャレンジ2023についての情報詳細をまとめています。
記載の内容に変更や追加があった際は都度更新していきます。

(※アイキャッチ画像の引用元:https://www.nintendo.com/jp/live/index.html

スポンサーリンク

マリオカート8デラックス オンラインチャレンジ2023の概要

オンラインチャレンジ2023
引用元:https://www.nintendo.com/jp/live/index.html

オンラインチャレンジとは、任天堂公式で開催されるオンライン大会です。
元々大乱闘スマッシュブラザーズでは定期的に行われていたイベントが、マリオカートシリーズもニンテンドーライブの開催に伴い昨年から開催されるようになりました。
そのためマリオカート8DXにおいては、2年連続での開催となりました。

オンラインでの開催となるので、自宅で参加することが可能です。会場などへ行く必要はありません。

マリオカート8DX オリジナルせんす
引用元:マリオカート8 デラックス オンラインチャレンジ 公式サイト

ちなみに昨年のオンラインチャレンジでは参加者の中から抽選で100名にオリジナルせんすというグッズがプレゼントされました。
今年は特に告知がないので、グッズプレゼントもなさそうです。

ワールドチャンピオンシップ 2024の開催

チャンピオンシップ
引用元:https://www.nintendo.com/jp/live/index.html

今年は昨年は行われなかったワールドチャンピオンシップが開催されます。
Nintendo Live 2024 TOKYOにてマリオカートの公式世界大会が行われます。

まずオンラインチャレンジ2023の成績上位4名が「Nintendo Live 2023」の会場である東京ビッグサイトに招待され、4名の頂点を決める「決勝ステージ」に参加することができます。(Nintendo Live 2024 TOKYO 1日目 2024年1月20日(土)に開催)

そして決勝ステージの優勝者は世界各地の代表と対決するというワールドチャンピオンシップ2024に進むことができます。(Nintendo Live 2024 TOKYO 2日目 2024年1月21日(日)に開催)

もし成績上位4名の人が決勝ステージを辞退された場合は、5位以降の人に出場権が移行していく形になります。

スポンサーリンク

参加条件と参加方法

昨年はニンテンドーアカウント登録メールアドレスに参加案内メールが届いて、そこからエントリーという流れでしたが、今年は応募ページにアクセスして応募する形となります。

》大会応募ページはこちら

開催当日の参加方法ですが、ゲームのトップメニューから『インターネットで(1人)』→『大会で』→『番号で探す』と進み、『3067-9765-2523』の番号を入力します。

スポンサーリンク

開催日程

日程は2023年11月5日(日) 17:00~21:00です。。
参加のエントリー受付は11月1日正午までです。


事前の練習枠も設けられていて、10月29日(日)17:00~21:00に本番と全く同じルールで練習ができます。
加方法の確認や、本番に向けた練習に使用できますので、所要時間を確認しておきたい人は参加しておきましょう。

練習枠の大会コードは『3057-2391-0699』です。

対戦ルールや注意点など。上位に入るには?

対戦ルールは去年と全く同じで、以下の通りになります。

ルール
引用元:マリオカート8 デラックス オンラインチャレンジ 公式サイト

いたって普通のルールで、ハンドルアシストが使えない以外は通常のオンライン対戦と同じと考えていいでしょう。
「グランプリ 150cc 個人戦」のレースを、17:00~21:00の間に最大24レース行い、合計スコアを競うものでした。

24レースを走らないといけないのでそれなりに時間がかかります。
公式サイトに記載の情報では、24レースを走り切るには2時間半~3時間程度必要ということなので、しっかり時間を確保して挑みましょう。
ちなみに私は昨年24レースぶっつづけで走りましたが、1時間半程度で終了しました。

昨年の私の参加レポートも参考にあわせてご覧ください。↓
》マリオカート8DXのオンラインチャレンジ本番に参加しました。結果と感想(去年の記事)
》マリオカート8DXのオンラインチャレンジ練習枠に参加。本番の対策法など(去年の記事)

マッチングはレート制限などの区分け等は特になく、完全ランダムで行われたので、上級者と初心者が同じグループで戦うことになります。
さすがに上位4名を目指すほどの人はこんなサイト見てないだろうからそこは省くとして、ある程度高得点を取りたいなと目指すならいかに弱い部屋で戦うことができるか、という点が重要になってきそうです。

実際昨年参加して感じたのは開始直後はみんな一斉にスタートするので、上級者ともあたりやすいですが、1時間くらいたつと12人集まらないことも増えてきます。
CPUは「ふつう」の強さなので、CPUが入ってくれば確定でCPUよりは上の順位になれます。
上級者も避けつつ枠の空きもでやすい開始から30分~1時間経過後にスタートすると上の順位を取りやすいのかなと思いました。

一応、上位4名めざすなら、一つ注意したいのはもし上位4名全員が同スコアだった場合は先着順になりますので、上記の部屋厳選を行ったことで満点はとれたけど時間がかかって上位4名から漏れてしまった、なんてことになればもったいない気もします。(限りなく可能性は低いと思うけど)
もし上位4名には入れなかったけど、5位、6位くらいだった場合は上の人が決勝を辞退されたら出場権が一つ下の順位の人に移行しますので、一応チャンスはあります。
実際昨年は上位4名の中でも辞退者が多かったです。

まとめ

以上、オンラインチャレンジ2023についてのまとめでした。
11月に開催ということなので確実にコース追加パス第6弾の配信よりも前になるでしょう。
新コースが来た直後に開催されても練習する時間が足りないし、それでは不満も出るでしょうから、少なくとも第6弾の配信はこれよりも後になりそうです。

昨年に引き続き2年連続の公式大会の開催ということで、コース追加パスの配信につづき、マリオカート界隈が盛り上がっていてうれしい限りです。
コース追加パスの情報については下記記事をご覧ください。

》【買うべき?】マリオカート8DX コース追加パスの情報詳細【待望DLC】


私も練習枠と大会本番も両日参加する予定です!
結果や感想も記事にして投稿する予定なのでその際はチェックしていただければ幸いです。

コメント