マリオカート8DXのオンラインチャレンジ本番に参加しました。結果と感想
ゲームマリオカート

マリオカート8DXのオンラインチャレンジ本番に参加しました。結果と感想

スポンサーリンク
オンラインチャレンジ画像

こんにちは。マネキです。
2022年8月21日に開催されたマリオカート8デラックスの公式大会「オンラインチャレンジ」の本番に参加してきました。
この記事は当ブログの管理人マネキのオンラインチャレンジ参加の記録と結果を記しただけの記事です。

スポンサーリンク

オンラインチャレンジについて

オンラインチャレンジ画像

まずは一応オンラインチャレンジのおさらいです。
オンラインチャレンジは任天堂公式で開催される大会で、マリオカート8デラックスにおいては初の公式大会となります。
2022年8月21日(日) 17:00~21:00に開催され、この時間内に24レース走るという内容です。

↑のスクショは18時30分ごろに撮ったものですが、その時点で参加者が8710人です。
すごすぎる。

ルールなどその他の情報について詳しくは↓にまとめています。
※参考・マリオカート8DX オンラインチャレンジの参加方法・ルール、上位に入る戦略など

スポンサーリンク

24レース走った最終結果

オンラインチャレンジ管理人の結果

24レースすべて走って237点でした。
目標は最低200点以上、欲を言えば250点以上でしたが、惜しくも250には届かなかったものの個人的にはそこそこ満足な結果です。

1レースあたりの平均は9.875点ということで、大会は1位15点、2位12点、3位10点、4位9点ですから、平均順位で考えるとほぼ3位くらいだった感じですかね?
そう考えると大健闘ですね!

実際1部屋目~2部屋目はCPUがいない部屋でしたが、1レース~4レース目までは全部1~3位を取れましたし、上位を取れるレースは多かったです。
ただ、その次の部屋からは徐々にCPUが入り混じることが多くなってきて、次の項目でも話しますが、部屋の調整なんかはなんとかしてほしかったところ…。

スポンサーリンク

オンラインチャレンジの感想

オンラインチャレンジに参加した感想としては、とにかく楽しかったです!
私は普段大会などは参加することはないのですが、レート戦とは全く違った楽しさがあることを実感することができました。
やはり普段のレート戦とは違って1レースごとの重みが全く違うし、その分緊張感もあって、ミスができないといった空気感で走るマリオカートは最高でした。

ミスをせずに走れたレースは上位が取れたし、ミスが目立ったレースは中位~下位に落ちたしで、ミスを減らす重要性を改めて実感しました。
最近はマリオカートに割ける時間は少なくなりつつあるので、タイムアタックなどもっと練習してミスを減らしていけるように実力をつけたいなと思いました。

私は18時30分ごろから開始しましたが、やはり17時即スタートの人たちが終了し始めるのが18時半~19時ごろということで、19時以降からは徐々にCPUが増えていった形となりました。
半数以上CPUとなったレースもあったのですが、ここはもう少しなんとかしてほしかったところですね。

CPUが多ければ少なくともCPUより上の順位は取れるので得点的には安定するものの、1位は取りにくくなってしまう恐れもあります。
あと単純にCPUまみれの部屋で走っても楽しさ的には半減してしまいますので、もし次回の開催があるとすればもっと一つの部屋に集める仕様へと改善はしてもらいたいですね。

まとめ

以上、オンラインチャレンジの記録でした。
今回この公式大会の開催によってマリオカート界隈が大いに盛り上がったと思いますので、第2回の開催もいつかあればいいなと思っています。
最終的に1万人弱くらいは参加したんでしょうかね?これだけのユーザーが参加するというのはそれだけマリオカートというゲームが人気である証ですし、公式大会が今後も開催されればうれしいです。

今後も2023年末までマリオカート8デラックスの新コースの追加は続いていきますし、これからもどんどん盛り上がることは間違いないです。

マリオカート8デラックスユーザー待望のコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
きっと楽しめること間違いなしです!マリオカート8DXコース追加パスの情報についてはこちら
ちなみにAmazonなら少し安く購入ができますよ。(2022年8月現在)

コメント