【マリカ8DX】DKマウンテンの崖超えショトカ/NISCのやり方を解説!
ゲームマリオカート

【マリカ8DX】DKマウンテンの崖超えショトカ/NISCのやり方を解説!

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

マリオカート8DXはコース追加パスの第6弾で「GC DKマウンテン」を配信しました。
DKマウンテンはコース終盤に崖超えショートカット(NISC)ができる場所があり、難易度も高いものとなっています。
本記事ではDKマウンテンの崖超えショートカット(NISC)についてポイントを解説してきます。
なぜ失敗するのか、どうすれば成功できるのかといった観点で詳しく解説しますので、是非最後までご覧ください。

この記事の内容
  • DKマウンテンの崖超えショートカット(NISC)を成功させるためのポイント解説
  • なぜ失敗してしまうのか?原因と改善策は?
スポンサーリンク

DKマウンテンの崖超えショートカット(NISC)について

DKマウンテンはマリオカート ダブルダッシュ!!で登場したコースで、マリオカートWiiでも引き続き登場した人気コースです。
マリオカート8DXにおいては2023年11月9日のコース追加パス第6弾で登場を果たしました。

マリオカートWii時代にあった崖超えショートカットは大幅に短くなってしまったものの、最後の崖においては健在です。
このショートカットがめちゃくちゃ強くて、これを決めれるかどうかで順位がいくつも変わってくる程です。

そもそもこのコースはかなり難易度が高いため、走力差がでやすいです。
ショートカットの部分にたどり着くまでにも色々テクニックを要する場面が多く、タイムアタックをすればするほど1位を取りやすくなるコースと思います。

崖超えショートカットはキノコなしで行けるので、典型的な前コースと言えそうです。

スポンサーリンク

そもそもNISCって?

NISCとは『No Item Short Cut(ノーアイテムショートカット)』の略です。
ニスクと読む人もいれば、エヌアイエスシーと読む人もいます。
本来アイテム(ダッシュキノコなど)を使わないとダートで詰まって行けないショートカットをアイテムなしで行くというテクニックです。

詳しくは別記事に他のコースのNISC一覧と合わせてまとめていますので、よければご覧ください。

スポンサーリンク

DKマウンテン 崖超えショートカット(NISC)のポイント解説

それではポイントを解説していきます。
DKマウンテンの崖超えショートカット(NISC)のポイントは以下の3点です。

DKマウンテンのNISCのポイント
  1. コインあたりでSMT(スーパーミニターボ)解放
  2. 減速ドリフトしながら膨らんで直角に曲がる
  3. 飛ぶ直前にドリフト開始

動画は↓を参考にしてください。(私のツイート)

コインあたりでSMT(スーパーミニターボ)解放

DKマウンテン
ここでSMT解放
DKマウンテン
右ドリフト開始

アイテム後のコインが並んでいるところで、コインを過ぎたらすぐにSMT(スーパーミニターボ)を解放します。
SMTというのがポイントで、UMT(ウルトラミニターボ)までは溜める必要がないということです。
UMTまで溜めてしまうと、勢いが付きすぎてうまく曲がれなくなります。
SMT解放後、ワンテンポ待ってから右ドリフトを開始します。

減速ドリフトしながら膨らんで直角に曲がる

DKマウンテン
DKマウンテン

ここで重要になってくるのは減速ドリフトというテクニックです。
減速ドリフトというのはドリフト中にブレーキかけて膨らみすぎないようにしたりと、曲がる方向を調整するというものです。
ここのショートカットは直角に曲がっていくようなラインになるので、減速ドリフトなしでは崖の左側に行き過ぎてしまいます。
行き過ぎるのを防ぐために、減速ドリフトで調整しながら一回道の左側に大きく膨らんで、今度は右側を向き、SMTを解放します。
ここでもUMTではなく、SMTになります。

飛ぶ直前にドリフト開始

DKマウンテン
飛ぶ直前にドリフト!
DKマウンテン
うまくいくとこのラインで走れる

最後にもう飛んで終わりではなく、もうひと操作あります。
飛んだときにいい位置に着地できたけど、大きく膨らみすぎた!というひとはこの操作ができていないからです。
最後崖を飛ぶ際に、左ドリフトをしながら飛ぶと膨らみすぎず、良いラインで走れます。
左ドリフトをしながら飛ぶのですが、空中でもドリフトは継続されて、ターボはたまります。
着地してカーブを曲がったらSMTまで溜められます。

失敗する原因と改善策

失敗する原因として考えられるのが以下の3点です。

  • 直前でドリフトを引っ張りすぎている(飛ぶ位置が悪い)
  • 減速ドリフトをしていない
  • 飛ぶ直前のドリフトができてない

直前でドリフトを引っ張りすぎている

これは単純に飛ぶ位置が悪いというところになってくるのですが、直前のカーブでドリフトを引っ張りすぎているということです。
ドリフトを引っ張りすぎてUMTまで溜めてしまうと、勢いが付きすぎて制御がしづらくなります。
SMTまでにとどめて、早めのターボ解放を心がけて、次のドリフトに備えましょう。

減速ドリフトをしていない

減速ドリフトはこのコースのタイムアタックにおいて必須です。
崖超えショートカットだけでなく、他のカーブを曲る際も減速ドリフトをしないと曲がりきれない場面が多いです。
崖超え直前の直角カーブ(大きく膨らむ場面)でも減速ドリフトをしなければ左に行き過ぎてしまい、崖超えはできても柵にぶつかってしまいます。

飛ぶ直前のドリフトができてない

最後に飛ぶ際はドリフトを入れてとなばければなりません。
ぴょんとジャンプしてしまうと、着地後に制御がきかず、一回止まらないといけないレベルで前方の壁にぶつかりそうなくらい行き過ぎます。
飛んだあと膨らみまくるというのはこれができてないせいです。

まとめ:DMマウンテンの崖超えショートカットを習得して前張りしよう!

以上、GC DKマウンテンの崖超えショートカット(NISC)の解説でした。
このコースはとても難しく、練習しなければまぐれ以外で1位を取るのは困難かと思われます。
逆に、練習をすれば他との差が付きまくるので、1位を取りやすくなるはずです。
ぜひタイムアタックをして崖超えショートカットを習得し、走力を磨きましょう。

マリオカート8DXをまだ購入していないという方は、このコース追加パスの配信を気に始めて見てはいかがでしょうか?

コース追加パスについての詳細な情報についてはこちら↓
》【買うべき?】マリオカート8DX コース追加パスの情報詳細【待望DLC】

マリオカート8デラックスコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
ちなみにAmazonなら少し安くコース追加パスを買うことができますよ。

コメント