ゲームマリオカート

【マリカ8DX】ワリオスタジアムの2連低空のやり方とコツを解説【画像動画付】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

ワリオスタジアムにはダッシュボードが連続して設置されたエリアが多く存在し、それらすべてである操作を行うことで普通に走るよりも速く走ることができます。
そのテクニックは「2連低空処理」「4連処理」「3連処理」と呼ばれており、その中でも特に2連低空処理が他との差がつくテクニックとなっています。
本記事では2連低空処理のやり方を解説します。(4連・3連処理については別記事で解説)

スポンサーリンク

ワリオスタジアムの各ダシュボ処理について

マリオカート8デラックスの「DS ワリオスタジアム」は先述の通りダッシュボードの処理をおこなうことで普通に走るより速く走ることができ、特にその中でも2連低空処理ができるかどうかで差がつきます。
ワリオスタジアムは圧倒的な前コースといわれるほどの打開が難しいコースで、かつ、テクニカルなコースです。処理の差で前に出ることがしやすく、2位とも差がどんどん開いていきます。

かなり複雑なコース設計のため、ただ普通に走るだけでも難しいコースなので、苦手という方も多いと思いますが、この2連低空を習得できれば1位になれる可能性もぐっと上がりますので、是非練習しましょう。
テクニカルなコースは最初は難しくて苦手意識を持っていても、練習して上手くなればなるほど楽しいコースだと思えるようになっていきますので、是非とも練習してもらえればと思います。

スポンサーリンク

ワリオスタジアム 2連低空の解説

それでは実際に動画と画像を交えてやり方とコツを解説していきます。
本記事に掲載の画像はすべてクリックすると拡大が可能です。

ワリオスタジアムの2連低空のポイント
  1. 1つ目のダッシュボードの手前で3回ミニジャンプ
  2. 空中ドリフトでミニターボを溜める
  3. 着地する直前にミニターボを解放し、すぐに次のドリフト

参考までに動画も付けましたのでご覧ください。(私のツイート)

スポンサーリンク

1つ目のダッシュボードの手前で3回ミニジャンプ

2連処理画像1
左の柵の終わりの少し手前くらいの位置でミニジャンプ
2連処理画像2
ドリフト開始の着地点はこの辺

まず、2連低空というのは、ダッシュボードでジャンプアクションをせずに(JAスルーという)、空中ドリフトをしてミニターボを溜めるという走法です。
ジャンプアクションを入れずにダシュボの先っちょでドリフトをすることで、ここのような坂になっているダシュボに乗ったときに低く飛ぶことができて低空処理となります。
滞空時間が短いほうが速度は速くなりますから、このような処理をしつつミニターボも溜めてより速くするといったイメージです。

で、やり方としては、ポイント①のミニジャンプを3回するというのは先っちょでドリフトをひっかけるための調整で、右・左・右と3回ミニジャンプをして最後の右ミニジャンプでドリフトを開始します。
ぴょんぴょんと飛ばないと左右のどちらかに方向がずれたりして失敗しやすいです。

1回目のミニジャンプを開始する位置は左にある柵のちょうど終わりの部分手前あたりからです。
意識すべき部分、コツとしては、3回目のミニジャンプはダシュボのちょっと手前くらいで行うという感じです。
ダシュボに乗った時にドリフトが入らないという失敗をする方は少し早めにドリフトを開始するということを心掛けると良いかもしれません。

空中ドリフトでミニターボを溜める

2連処理画像3
空中ドリフト
2連処理画像4
この辺でミニターボ解放

ドリフトしながらダシュボに乗ったら、ドリフトを維持しながらミニターボを溜めます。
これを空中ドリフトといいます。
ドリフト中はLスティックはドリフト方向に倒し続けて、着地する手前でミニターボを解放します。
ちなみに、ダシュボに乗った直後に一瞬だけLスティックを逆に傾けるとスピードが速くなるというテクニックもあります。
これはしなくても2連処理自体は成功できますが、慣れたら是非試してみてもらえればと思います。

着地する手前でミニターボを解放し、すぐに次のドリフト

2連処理画像5
ドリフトしながらJAスルー
2連処理画像6
この辺りでSMTが溜まる

着地の少し前にターボを解放したら、すぐに左ドリフトを開始します。
Rボタンを離してすぐにまたRボタンを長押し、スティックを左に傾けます。
この時もドリフト反対方向に一瞬スティックを傾けてすぐに戻します。

空中ドリフトをしたことによって、着地後すぐにSMTまで溜めることができます。

失敗する原因と改善方法

この2連低空処理を上手く成功できない、失敗してしまう原因としては、以下のものが考えられます。

  • ダッシュボードに乗るときにドリフトがかからない
  • 変な方向に行ってしまう

失敗パターンはだいたいこの2つと思います。

まず、ドリフトがかからない理由としてはミニジャンプのタイミングが遅いことにあります。
ミニジャンプが遅いとドリフトがかからず、ミニターボも溜まりません。
逆にミニジャンプが速すぎるとダッシュボードに乗ったあと左右のどちらかに行き過ぎて火の玉に当たってしまいます。
ですので、重要なのはタイミングということで、右・左・右のミニジャンプが必要というわけです。

また、1回目の空中ドリフト後のミニターボ解放が遅すぎても2回目のドリフトがかかりません。
着地する直前で解放というよりも、その少し手前という意識が良いと思います。

まとめ

以上、DS ワリオスタジアムの2連低空の解説をしました。この処理は難易度としても高い方だと思いますが、ひたすら練習を積むことでどのタイミングでミニジャンプを開始すれば成功できるようになると思います。
最初は変な方向に飛んだり、ドリフトが入らなかったりとうまくいかないかもしれませんが、本記事で解説したポイントを抑えておけば成功しやすくなると思います。

マリオカート8デラックスユーザー待望のコース追加パスをまだ購入されていない方、購入を検討されている方はこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。
きっと楽しめること間違いなしです!マリオカート8DXコース追加パスの情報についてはこちら
ちなみにAmazonなら少し安く購入ができますよ。(2022年8月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました