【スプラ3】更新データVer.1.2.0配信、秋のバグ修正祭りが決行【サーモンラン】
ゲームスプラトゥーン

【スプラ3】更新データVer.1.2.0配信、秋のバグ修正祭りが決行【サーモンラン】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

10月26日(水)午前10時よりスプラトゥーン3の更新データを配信することが発表されました。
今回のアップデートでは、一部ブキのバランス調整に加え、バグ修正が主な内容となっています。
当ブログはサーモンランの内容の発信をメインに行なっておりますので、本記事においてもサーモンランの修正内容について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

Ver.1.2.0更新内容

Ver.1.2.0の更新内容は以下の通りです。(サーモンランに関する部分のみ抜粋、引用元:Nintendo Switch サポート公式ページ
なんだこれ。不具合多すぎませんか?発売後1か月以上この不具合まみれの状態でプレイしてたのはちょっと…って感じですけど、まあ改善してくれたということで中身を見ていきたいと思います。

  • 通信に関する変更
    • 送信したデータが相手に届き、その反応が返ってくるまでの時間が、これまでより短くなるよう、通信プログラムの改善を行いました。
      -平均して約3/60秒の短縮となります。
      -ダメージを与えたプレイヤーが実際に倒れるまでの時間の短縮や、金イクラに触れてから実際に獲得できるまでの時間の短縮などが期待できます。
      ※通信環境が悪い状況を大幅に改善したり、バトル中に通信が頻繁に切断されてしまうような状況を改善したりするものではありません。
  • その他の変更
    • ロビーやクマサン商会で、マッチメイク中にロビーメニューを開いたとき、選択中のモード名や挑戦の途中経過などの情報が表示されるようにしました。
    • ロビーやクマサン商会で、一人でプレイしていて「つづける」や「カスタマイズしてつづける」をえらんだ直後に、モードによってはマイナスボタンによるキャンセルが行えるようにしました。
    • ロビーやクマサン商会で、フレンド合流などにより「準備OK」が行えるようになったとき、効果音やコントローラーの振動でお知らせするようにしました。
  • サーモンランに関する問題の修正
    • ウキワ状態のプレイヤーの当たり判定が、意図したものより小さくなっている問題を修正しました。同じプレイヤーが短い時間に連続してカモンやヘルプのシグナルを出したとき、画面内に矢印が複数出てしまう問題を修正し、1人からは1つしか出ないようにしました。
    • シェルターのカサをパージしてシャケの頭部付近に接触させたとき、カサが大きく弾んでしまうことがある問題を修正しました。
    • ジェットパックなどを利用して、イクラコンテナの上にプレイヤーがいる場合、ゲームの動作が遅くなることがある問題を修正しました。
    • カタパッドの弱点部分に投げ入れたボムが外に出てしまうことがある問題を修正しました。
    • 水面や特定の地形の近くでモグラに攻撃されたとき、プレイヤーが大きく吹き飛んでしまうことがある問題を修正しました。
    • 攻撃中のモグラの側面に接触したとき、プレイヤーがやられてしまうことがある問題を修正しました。
    • 潮位が干潮から満潮に切り替わるとき、消滅する直前のハシラの上から水面に飛び込むと、プレイヤーの復帰地点が空中になり、ステージ内に復帰できなくなることがある問題を修正しました。
    • ダイバーが攻撃するとき、プレイヤーがジャンプしていると、攻撃範囲に入っているにもかかわらず、ダメージを受けないことがある問題を修正しました。
    • ナベブタが、ハシラに接触して動かなくなることがある問題を修正しました。
    • ナベブタに乗っていると、まれに、プレイヤーが遠くに飛ばされることがある問題を修正しました。
    • ヨコヅナの攻撃を受けたとき、プレイヤーが地形の内部に押し出されることがある問題を修正しました。
    • ヨコヅナがジャンプ攻撃をするとき、プレイヤーがジャンプしていると、攻撃範囲に入っているにもかかわらず、ダメージを受けないことがある問題を修正しました。
    • ヨコヅナが、ハシラの上にいるプレイヤーにジャンプ攻撃をしないようにしました。
    • 特殊な状況「ドスコイ大量発生」で、キャノンに乗れなくなることがある問題を修正しました。
    • 特殊な状況「キンシャケ探し」で、シェルターのカサがカンケツセンに触れてもカンケツセンが起動しない問題を修正しました。
    • 特殊な状況「グリル発進」で、プレイヤーが一度全滅しそうになってからボムなどで復活したとき、グリルが狙っているプレイヤーを示す赤い光線が表示されなくなる問題を修正しました。
    • 特殊な状況「ドロシャケ噴出」で、プレイヤーが出現直後のドロシャケにめり込んでやられてしまう問題を修正しました。
    • 参加者の通信状態が悪いとき、特殊な状況「巨大タツマキ」で、金イクラの入った箱が正しく出現しなかったり、意図どおりに配置されなかったりする問題を修正しました。
    • キケン度MAXでEXTRA WAVEに到達したとき、特定のバッジが獲得できない問題を修正しました。
    • バイトをしている間にシフトが更新されると、正しくクマサンポイントが獲得できないなどの現象が発生する問題を修正しました。
    • クマサン端末で通報を行うとき、各プレイヤーのアシスト納品数が正しく表示されていない問題を修正しました。
    • 交換所で、いくつかのボタンを同時に操作すると、ゲームが強制終了することがある問題を修正しました。

その他の更新内容につきましてはNintendo Switch サポート公式ページをご確認ください。

通信に関する変更

まずは通信相手とのデータの送受信の時間が短くなったということで、サモランにおいては金イクラに触れてから取得できるまでのラグなどが改善されるようです。
実際、金イクラに触れているのに取れなかったり、取れるまでに1~2秒程度の時間を要するなどの現象が起きていたので、これは素直にうれしい改善要素です。

その他の変更

今作はバトルのロビーとクマサン商会の社屋はほとんど同じシステムになっており、それぞれ共通で改善が加えられます。
この中でもうれしいと思う要素としては、「つづける」や「カスタマイズしてつづける」をえらんだ直後にキャンセルできるようになった点や、フレンド合流等で「準備OK」を押せるようになったときの振動ですかね。
やめようと思ってたけど間違えて「つづける」を押してしまったときに抜けられるのはありがたい。

サーモンランに関する問題の修正

そして本題ともいえる怒涛の不具合修正です。
上から順に見ていきます。

ウキワの当たり判定

これは発売当初から言われていたことで、前作からプレイしていた人は皆さん感じていたでしょう。
ウキワ状態になった味方を復活させようとインクショットを当てるのですが、これがなかなか当たらない。
前作と同じ感覚で打っているのに全然復活させられないということが多々起きていました。
これは鬼畜な方面へ仕様変更されたというわけではなく、不具合であったようです。
味方を復帰させにくくなったとなると単純に難易度があがるし、結構なストレス要素だったので、修正されるということで安心です。

カモンやヘルプの連打の表示関連

一人のプレイヤーが連続してカモンやヘルプを押した際に画面内に複数表示されてしまうという不具合があったようです。
これは正直私は実感がなかったというか、気付いてませんでしたけど、カモン、ヘルプに関するシグナルが複数表示されていたけど実は同一プレイヤーが発信していたものだったという現象が起きていたんですね。

シェルターのパージ、シャケ&カンケツセン

シェルター(パラシェルター、キャンピングシェルター)のカサのパージ関連で不具合が生じていたというのはかなり話題にもなっていましたのでご存じの方も多いでしょう。

シャケの頭部付近にパージが当たると空中に浮いていってしまうというふざけた挙動が起きていました。
パージをするメリットは主にザコシャケを飛ばしたカサでまとめて倒すことが出来るという点であって、空に飛んで行ってしまってはシェルターの強みが大きく減ってしまいます。
この不具合のせいで、元々素の性能が良いパラシェルターはともかく、お世辞にも強いとは言えずさらにパージもバグってるということでキャンピングシェルターがほぼ使い物にならないレベルで弱くなっていました。
近々キャンシェル入りの編成も開催予定ですので、開催前にバグ修正されるということで一安心です。

また、カサ関連でもう一つ、特殊な状況「キンシャケ探し」のカンケツセンにシェルターのカサ部分が当たっているのにカンケツセンが開かないという不具合もあったようです。
確かに、カサ部分が当たってるのに開かないなと思ったことは何度かありました。単純に当たり判定がないのか、仕様と思っていましたが修正されるようです。

ジェットパックなどでコンテナ上に移動したときのラグ

ジェットパックなどを使用した際に、コンテナの上にプレイヤーがいる状態になったときにゲームが激重になるという不具合がありました。
ゲームが重くなりすぎると単純に操作がしにくくなるし、さらに厄介なのが重い状態になっているのに残り時間だけはそのまま進んでいくので納品が進まずゲームオーバーになるというケースが増えるということです。
めちゃめちゃ理不尽な負け方ですし、これは修正されて当然です。

もう一つ言うと、コンテナ上にいなくても、オオモノ、ザコが増えてきて終盤に重くなるというのも直ればいいなと思ってます。

カタパッドの不具合

上の動画はカタパッド関連の不具合で、一応これを撮影したあとにアップデートがあり、かなり改善はされていたのですが、それでもボムが弾かれることはあったり、なかに入っているように見えてカタパッドは倒せてなかったりといったことがありました。
これがようやく完全に修正されるということです。

※10月30日追記
アプデ後、数時間プレイしましたが、バグはまだ完全には直ってないようです。↓
アプデ後のオールランダム編成(クマブラ回)で起きたものです。
単純に中に入ってるように見えて入ってませんでしたよ、というバグが修正されただけで、ボムがフタに当たった時不可解な挙動をするのは対象外だった…?

モグラ関連の不具合

モグラに攻撃されたとき、プレイヤーが大きく吹き飛んでしまうことがあるということで、私はこれには遭遇したことはありませんが、おかしな挙動になるケースがあるみたい。

もうひとつ、攻撃中のモグラの側面に接触したときにデスするという理不尽判定がありました。
こっちは割とよく被害にあっており、「なんでこれ死ぬの?」と思うことが多々ありましたが、やはりバグでした。

※10月30日追記
アプデ後、数時間プレイしましたが、こちらも残念ながらバグはまだ完全には直ってないようです。↓
アプデ後のオールランダム編成(クマブラ回)で起きたものです。
クマブラはアプデ前は実装されていなかったので、アプデ後の映像であることはわかるかと思います。
これを修正したんじゃなかったのか…?「モグラの側面に接触したとき」ってこれのことだよね?

潮位が干潮から満潮に切り替わるときのハシラ

上記の状況で、消滅する直前のハシラの上から水面に飛び込んだらステージ内に復帰できなくなるという不具合がありました。
これはTwitterなどで見たことがある人はいるのではないでしょうか?
というか今作、地面がやたら薄いのか、地面の内部にめり込んだりするバグが多くて、まずステージのつくりを何とかしたほうがいいんじゃないか?とも思います。

ダイバーの不具合

これ、普通に仕様だと思ってたんですが、バグだったんですね…。
ダイバーが攻撃する際にジャンプすると回避できていたのですが、修正されます。
ダイバーの円の中を塗り切れないなってときに緊急回避として使っていた人も多いかと思います。
今までこの回避方法をしていた人は明日からは注意しましょう。

というか、ダイバーの攻撃方法的に地面に足がついてなければ回避できるというのは全く違和感ないのですが。地面に飛び込んだ際の波というか衝撃波的なものでダメージを受けてデスするもんだと思っていたので、一応ジャンプして空中にいるのに攻撃食らうってどういうこと?って感じ。
この修正はダイバー強化になってしまってますね…。

ナベブタの不具合

ナベブタ関連は2つです。

まずハシラとナベブタが重なっている状態でナベブタが動かなくなってしまうバグがありました。
ナベブタが降りてこないので倒せないといった状態です。

もうひとつ、上に乗っていると吹っ飛ばされるとこがあるということで、これがちょっと飛ぶ程度のものではなく、ステージの外周の水の部分まで飛んでいくかなりぶっとんだバグです。
ナベブタが2枚重なって出現したときに起きがちだったようです。

ヨコヅナの不具合

ヨコヅナ関連のバグも複数あります。

ヨコヅナからの攻撃を受けたときにプレイヤーが地形の内部に入ってしまう不具合、ヨコヅナのジャンプ攻撃を先述のダイバー同様に回避ができていた不具合、ヨコヅナがハシラの上部のプレイヤーに攻撃しないようにという修正が行われます。

1つめはスプラ3おなじみの内部めり込みバグで、2つめはダイバーと同じようにヨコヅナのジャンプ攻撃も回避できたようですね。2つめは知りませんでした。
3つめのハシラに関するところは、ハシラの上にいるプレイヤーを狙ってジャンプ攻撃をしてハシラにヨコヅナが刺さる光景が見られなくなります。これによりハシラの上が少し安全になったかな?

特殊な状況「ドスコイ大量発生」の不具合

特殊な状況「ドスコイ大量発生」において、キャノンに乗れないといった不具合がありました。
たしかになぜか入れなくなることがたまにあったりしたので、これはありがたい修正です。

特殊な状況「グリル発進」の不具合

プレイヤーが一度全滅しそうになってからボムなどで復活したとき、という条件下においてグリルからの赤い光線が表示されなくなるという鬼畜仕様が修正されます。
私はこのバグは知りませんでしたが、これに遭遇した人はたまったものではないでしょう。
誰を狙っているかわからず動き回るグリルとか地獄過ぎます。

特殊な状況「ドロシャケ噴出」の不具合

特殊な状況「ドロシャケ噴出」においてもまだバグが残っていたようです。
以前、ドロシャケが高速で動き回るというクリア不可能なバグがありましたが、今回修正されるのはドロシャケが出現する位置に立っていると、出現時にデスするというものでした。
これは普通に仕様かなと思っていましたがバグだったようです。

特殊な状況「巨大タツマキ」の不具合

参加者の通信状態が悪いときに、金イクラの箱が意図どおりに配置されなかったりしてたみたいです。
私はこれは起きたことがありませんでした。
クリア確定レベルの特殊WAVEで不具合によって失敗はかなり痛いですから一安心です。

バッジ獲得に関する不具合

ネームプレートに付けるバッジが獲得するタイミングがおかしいという不具合が確認されていましたが、これは「キケン度MAXでEXTRA WAVEに到達したとき」という条件下において獲得ができなかったようです。
例えばヨコヅナを100体倒したといったバッジやキケン度MAXをクリアしたといったバッジなどがそれにあたるかと思います。

その他

その他、「バイトをしている間にシフトが更新されたときクマサンポイントが獲得できない」「クマサン端末で通報するときにアシスト納品数が正しく表示されていない」「交換所でいくつかのボタンを同時に操作するとゲームが強制終了する」などの不具合が修正されます。

スポンサーリンク

特に影響が大きそうな部分

多数のバグ修正が行われますが、やはり今回のアップデートの中で特に影響が大きいのはカタパッド、ダイバー、ヨコヅナ、ウキワ関連でしょうか。

カタパッドはこの仕様変更はエグいだろといわれていたところがようやく完全に修正され、前作と同じ感覚でボム入れできるようになりそうで、ストレスなくカタパッドを倒せそうです。
単純にボムが無駄になるというだけでもインク消費量が激しくなりますし。

ダイバー、ヨコヅナ、ウキワに関しては上でも説明した通りです。
ストレスがなくなる部分もありますが、仕様変更ともとれる面もあるのでしっかりと対応できるように注意していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、更新データVer.1.2.0の中身(サーモンラン関連)について詳細を紹介しました。

今回のアップデートは一部では「神アプデ」なんて言われたりしてますが、ロビーメニュー関連の変更点などはありがたい部分は多いものの、不具合修正に関してはこんなにも不具合がある状態で発売に至っているという点がまず正常ではないことは確かであると思います。
1つもバグを残すなというわけではないですが、さすがに数が多すぎるし、しっかりとした価格で製品版として販売している以上は「アプデで修正できるしバグがあってもいい」はまかり通ってはならないでしょう。

とはいえ、ようやく明日から快適にプレイができるようになりそうですから、またスプラトゥーンを楽しんでいきたいと思います。

コメント