第4回バイトチームコンテスト(ドンブラコ)攻略、オオモノ出現順、出現位置など
ゲームスプラトゥーン

第4回バイトチームコンテスト(ドンブラコ)攻略、オオモノ出現順、出現位置など

スポンサーリンク
バイトチームコンテスト

第4回バイトチームコンテストの開催が決定しました。
本記事では、第1~第5WAVEまでの潮位、イベントやオオモノシャケ出現順などを立ち回り・攻略情報をまとめる予定の記事です。
バイトチームコンテストやビッグランで毎回上位5%(前回ビッグラン上位1%)に入っている当ブログ管理人が、5%に入るための立ち回り方やスペシャルの使いどころなどを解説します。

スポンサーリンク

バイトチームコンテストについて

バチコン
引用元:https://twitter.com/SplatoonJP/status/1643901361116045319?s=20

バイトチームコンテストについて軽く説明しておくと、スプラトゥーン3から新たに追加されたイベントです。

チームを組んで参加するイベントで、ビッグランのように金イクラの納品数を競うというものになっています。
ビッグランとの違いはステージが通常のサーモンランステージであることと、バイトシナリオが固定されるという点です。

ブキは4種のブキの中から一つ支給され、5WAVEずっと同じブキを使い続けることとなります。
複数人で参加する場合はあらかじめブキを選んでからバイトがスタートしますが、ソロ参加の場合はランダムでブキが選ばれる形となります。

ノルマを大きく超える金イクラを納品できればキケン度がアップしていきます。
納品数に応じてその次のWAVEごとに変動していきますが、60スタートで、ノルマ×2の金イクラ納品で+60、×1.5で+30となります。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

》【サーモンラン】バイトチームコンテストとは?上位に入るコツを解説

スポンサーリンク

第4回バイトチームコンテストの概要

バイトチームコンテスト

第4回のバイトチームコンテストはシェケナダムです。
開催期間は2024/2/3(土) 9:00 ~ 2024/2/5(月) 09:00です。

支給ブキは.シャープマーカー、S-BLAST92、ダイナモローラー、スクイックリンαです。
それなりの編成ですが、この中だと。シャープマーカーが一番人気でダイナモローラーが一番人気が低くなりそうです。
ダイナモローラーを持つ人がいかに使いこなせるかで結果が大きく左右されそうで、ダイナモローラーに慣れてる人以外は選ばない方がいいでしょう。(複数人参加の場合)

いつも通りならスペシャルは選んだブキによって固定です。(後日追記予定)
シャープマーカー:メガホンレーザー5.1ch
S-BLAST92:トリプルトルネード
ダイナモローラー:ジェットパック
スクイックリンα:テイオウイカ

今回は全ステージの中でも難易度が高めのドンブラコということで、なかなか上位争いがし烈になしそうではあります。

スポンサーリンク

第4回バイトチームコンテスト立ち回り方解説

第4回バイトチームコンテストの各WAVEの立ち回りを解説します。
こちらは開幕後、更新します。

第1WAVE

潮位:満潮  通常or特殊:通常  全回収で金イクラ21個

初手湧き:テッパン

テッパンが初手に出現するので、コンテナ横まで誘導。
第1WAVEは全ユーザーキケン度が固定なので全回収が基本となりそうです。

ここはキケン度が低いのでサクっと全回収しましょう。

第2WAVE

潮位:通常  通常or特殊:特殊(ドロシャケ噴出)  最大ノルマ:18

初手湧き:ドロシャケ

ドロシャケ噴出で、湧く場所・順番も固定です。
最初にコンテナ左側、93秒左奥、その次に86秒で左奥に金のドロシャケという順番で湧きます。
タマヒロイが左奥の金イクラを拾ってきてくれるので、そこまで回収しなくてよく、コンテナ周りを回収することを意識しましょう。
ただし、左側にある分はタマヒロイは左下に落ちるので、下に降りて回収する必要があるので注意。

その次は80秒付近にコンテナ右下に緑、64秒コンテナ前に金のドロシャケが出現します。
ここでジェットパックを使用すると、より数が増えると思います。
右下の分は全放置でもタマヒロイが回収してくれて、コンテナ前のは自力で全部回収。

71秒左奥、50秒左下にも出現。そのあとは真ん中奥などに出現しますが、左側に溜まる傾向にあるので、そっちに二人、コンテナ周りに2人で分担します。

こうすればノルマ2倍は簡単でしょう。上手くいけば60個くらいも行けます。

第3WAVE

潮位:干潮  通常or特殊:通常  最大ノルマ:26

初手湧き:ヘビ

鬼門の一つです。というか、今回はボーナスWAVEが2つ(WAVE1も楽勝なので実質3つ)なので、WAVE3とWAVE5に全力を尽くす形になりそうです。
ノルマ最大を前提に解説しますが、初手ヘビは寄せて、1本目のハシラが出現したあたりでカタパッドが湧きまくるので、そこでメガホンレーザー5.1chかジェットパックを使用するべきでしょう。
先にメガホンを使って、そのあとカタパッドが二体出現するので、そこでジェットパックが理想です。 

また、右側の分はタマヒロイを頼ることができないので、右側の分を回収できるかが肝になります。
右を回収できるかどうかでノルマ二倍に達するかどうかが決まると思います。

終盤は左右からのヘビや、ハシラ、ナベブタ、テッパン、コウモリと面倒なのがいっぱい出てくるので、ここでトルネードを1つ使うと良いでしょう。

第4WAVE

潮位:干潮  通常or特殊:特殊(タツマキ)  最大ノルマ:30

初手湧き:タツマキ

稼ぎどころのWAVEで、とにかくハコを割って全部上に投げる→ハコを割って全部上に投げるを2回やってから上に登って全力で回収する、という立ち回りが最適に感じます。
ここは70前後稼げると思うので、ザコ処理にスペシャルを使用してもいいと思います。(なくても十分70個狙える。)

基本ダイナモがザコ処理して、補助でブラスターもザコ処理を手伝ってあげましょう。
50秒までに二個目のハコを壊せていればベストです。(最大キケン度の場合は左側にハコ出現。)

第5WAVE

潮位:干潮  通常or特殊:通常  最大ノルマ:32

初手湧き:左下タワー、ダイバー、ナベブタ

最大ノルマを前提に解説すると、左下にまず上記3体が出現するので、すぐに全部倒します。倒した後は特に金イクラは回収しなくてOKです。(タマヒロイ)
そのあとすぐに隣の桟橋にタワーが湧くのでそれも処理、そしたら右下にタワーが湧きます。

最大キケン度の場合はテッキュウは右下に出現しますが、ここにこだわりすぎる必要はないです。
右下に出現するタワーやカタパッドを倒して、右下の分はなるべく自力で回収しておきましょう。

途中、ハシラが2本出現して、残り30秒くらいでコンテナ裏にハシラがくるので、このハシラは絶対処理しましょう。トルネードがここで使えればベストです。

キケン度によっては、ハシラが3本同時出現したりするので、そういう場合はそこでトルネードを使うとよいかもしれません。

最終結果

結果

第4回バイトチームコンテストの最終結果が発表されました。
5%ボーダーは218個、20%ボーダーは172個、50%ボーダーは133個でした。
50%は前回を下回りましたが、20%、5%は前回を上回り、第2回の217個に近い結果となりました。

結果

私は235個で、前回219個と攻略記事を投稿している身としては不甲斐ない結果に終わったため、そこからは大きく伸ばせたのでよかったです。
今回はタツマキ、ドロシャケとボーナスWAVEが2つもあったため、ややハードルは低めだったように思いますが、WAVE5の鬼畜っぷりは皆さん苦戦していたように感じます。

報酬

ステッカー

報酬は現時点では不明ですが、サーモンランにまつわるステッカーとなるでしょう。
ザコシャケ→バクダン→ヘビと来て今回はテッパンのステッカーでした。

まとめ

以上、第4回バイトチームコンテストの攻略情報まとめでした。
今回は特殊WAVEが二回あり、比較的取組みやすさはあったと思いますが、反面、作業感が増してしまってつまらないと感じる人も多かったのではないでしょうか。
そもそもバイトチームコンテストが作業ゲー感のある繰り返しつづけるイベントなので、改善の余地はありそうですが…。

また次回以降も攻略情報を投稿していく予定なので、よければチェックしてみてください。

コメント