ゲームスプラトゥーン

ノンチャージ高火力のクマサン印のチャージャーの使い方【サーモンラン】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

2023年1月14日~16日にかけてのスプラトゥーン3 サーモンランNEXT WAVEのシフトでレアブキ「クマサン印のチャージャー」が初登場しました。
インク効率に難ありで初見で扱うには難しめのブキではありますが、しっかりと特徴を把握して使用すればとんでもなく強いブキとなっています。
本記事では「クマサン印のチャージャー」の上手な使い方・生かし方、このブキの強みと弱みについてまとめます。

スポンサーリンク

クマサン印のチャージャーについて

クマチャー

クマサン印のチャージャーはスプラトゥーン2時代からあるレアブキで、略してクマチャーと呼ばれることが多いです。
サーモンランでのみ使用可能となっており、バイトの雇い主であるクマサンによって作られたのがこの「クマサン印のチャージャー」です。

クマサン印のブキというのは違法改造ブキで、サーモンランの特定編成でのみ使用できます。
前作スプラトゥーン2でも4種(チャージャー、スロッシャー、シェルター、ブラスター)登場、今作スプラトゥーン3でもすで多数登場しています。クマサン印のブキ(レアブキ)に関する情報はこちらの別ページをご覧ください。

クマサンブキは基本的に通常のブキと比較して「インク効率を悪くした代わりにとんでもない性能を身aqにつけた」ものとなっていて、このチャージャーも例に漏れず凄まじいスペックを誇ります。

通常チャージャー種のブキはその名の通りチャージを必要とし、その代わりに相手を一発で打ち抜くという火力を持ち合わせておりスナイパーライフルのような特徴を持っています。
ただ、このクマチャーは通常のチャージャー種と違いチャージを必要としないチャージャーブキとなっています。
ンチャージでスプラチャージャーより少し低い威力のフルチャージの一発を連射できるという性能です。
チャージキープは当然なし、というかする必要がありません。
反面、インク消費量がとても多いのでインク管理をしっかり行わないとあっさりデスしてしまう危険性も含んでいます。

ベースとなっているブキは14式竹筒銃・甲で、こちらもチャージに要する時間が短く連射が比較的早いチャージャーですが、クマチャーは連射力も威力も上を行っておりインク消費量以外は上位互換ブキといえるでしょう。

ちなみにスプラトゥーン2からの再登場となったわけですが、特に強化点等はなく、威力もインク消費量も同じと思われます。塗り範囲がもしかしたら多少広がったかも?
性能面以外ではコントローラーの振動が大きくなりトンデモ威力をその手に体感できるようになりました。

スポンサーリンク

クマサン印のチャージャーの上手な使い方と強み・弱み

クマチャー威力

クマチャーの上手な使い方は威力とインク消費量をしっかりと把握しておくことで極力ムダ撃ちをなくしていき、インク管理を行いながら運用していくことになります。

一発の威力は200で、インク消費量は約13%ほどでインク満タンから7発連射できます。
射程はクマサン商会の社屋の試し打ち場のライン6本分となっています。
DPSは1200、インク回復時間も考慮すれば359となりますが、チャージャー特有の貫通があるのでザコシャケは当然一列に並んでいれば一掃できるし、装甲がなければオオモノシャケも貫通しますので、その点ではトップクラスの火力を持っているブキと言えそうです。
そもそもDPS1200の時点で、瞬間火力はすさまじいですから…さすがはクマサンブキです。

フルチャージを連射できるからといって連発しすぎるとすぐにインクが枯渇し、足元を取られてデスしてしまいますので注意しましょう。
特にインクが13%以上ないと発射できず、ギリギリ一発撃てたとしても足元塗りは弱いですから、ハシラやコウモリの雨などのインクが降っていれば動けなくなります。
インク管理をしっかり行うことが生存の秘訣です。

amiibo コジャケ(スプラトゥーンシリーズ)

各オオモノの倒し方、得意な敵と苦手な敵

クマチャーでの各オオモノシャケの倒し方および、得意な敵と苦手な敵について解説していきます。
赤文字が得意、青文字が苦手なオオモノシャケです。緑文字がどちらでもないので状況によりけりです。

オオモノシャケ倒し方
テッパン盾に3発でスタン、弱点に3発で撃破
コウモリ5発で倒せる
バクダン弱点の頭の爆弾を2発で倒せる
テッキュウ6発で倒せる
ヘビ弱点の尻尾(操縦士)に3発で倒せる
ダイバー仮面(装甲)破壊後は2発、破壊前は6発で倒せる
エリアを塗っても塗らずに直殴りしてもどちらでも速い
ナベブタ3発で倒せる
タワー1段1発で落とせるので7発必要
射程を活かして素早く倒せるが、インクをフルで使用するので
他の味方が行けなさそうな状況なら行く程度
モグラ6発で倒せるが足元塗られに注意が必要
ハシラ下から倒せる射程はあるが、7~8発必要
貫通で2匹のコジャケを同時撃てる場合もある
カタパッドボムを入れるしかない

基本的に撃って倒せるタイプのオオモノを得意とし、ダイバーすらもゴリ押しで倒すことができます。
やはり射程を活かして遠くからでもどんどん敵を倒していける点が魅力で、テッキュウも6発で倒せるので危険な海岸まで行かずとも難なく倒せます。
コウモリは本体を直接撃ってもいいし、雨玉を跳ね返すのも得意です。

タワーはある程度遠くからでも倒せるという利点はありますが、やはりインクを使いきるのでそのリスクはあります。
モグラに関してもボムを入れたほうがインク消費量は少なく済みますが、すでにモグラにダメージが入っていたりした場合は直接撃った方がいい場合もあります。

ハシラは下から倒せるといっても浮遊コジャケの数が少なくなってきたら外す可能性も出てくるし、クマチャーで積極的に倒したいオオモノではありません。
カタパッドに関してもボムを入れるほかないので、インク効率の悪いこのブキに任せるのは違うでしょうから、ほかのブキを持った人が担当したいです。

特殊な状況(特殊WAVE)対策

グリル発進

3発でスタンします。
ひたすらグリルを撃ち続けてグリル撃破に貢献したいです。
大量のコジャケが天敵となり、メインウェポンではなくボムで対処したほうがいいものの、いかんせん数が多すぎるのでできれば他のブキを持った人がコジャケを担当したいです。

クマチャーが一本でも入って入れば比較的安定して戦えるかと思いますが、クマチャー4本などという事故編成に当たってしまった場合はコジャケを処理しきれなくなりそうです。

ドロシャケ噴出

ドロシャケを撃ってもダメージは入りませんのでボムを入れるほかありません。
金のドロシャケが出現した場合ドスコイが大量に出で来るので、貫通を活かしてドスコイを処理していきたいです。
コジャケはできればほかのブキが担当で…。

ハコビヤ襲来

チャージャー種全般的に言えることではありますが、ハコビヤがイクラコンテナに来た際、ハコビヤ本体の上の箱を撃つことで貫通して飛び上がるシャケコプターを破壊出来て金イクラを落とすことが出来ます。
その他、シャケコプターを迅速に撃ち落とすことができるので、いつも通りの楽勝WAVEになりそうです。

ラッシュ(ヒカリバエ)

1発のインク消費量が多いのでザコにインクを充てるよりキンシャケをメインで撃っていきたいです。
とはいえ貫通もあるのでキンシャケを倒すついでにほかのシャケも倒せたりと意外と相性は悪くないです。
ただやはり一発当たりのインク消費量がネックでインクが尽きないように気を付けながら立ち回りたいです。
セミ行為(※)もはさみつつ危なくなったらスペシャルも使用して乗り切りましょう。

※参考・【セミって?】サーモンランのラッシュ(ヒカリバエ)の全ステージ集合場所・攻略

カンケツセン(キンシャケ探し)

特別いうことはないでしょう。
キンシャケにダメージを入れつつ、ザコ処理(特にドスコイ)もしっかり行うことを意識したいです。

ヨコヅナ(オカシラ)

火力が高いブキなので、直接ヨコヅナを攻撃してダメージを与えていきたいです。
ヨコヅナの中に敵が入り込んで(重なって)見えなくなるという嫌な現象も貫通によって無理やり打破できたりします。
ヨコヅナを直接攻撃するのを基本にオオモノシャケも迅速に処理しつつ、という動きが理想です。

スポンサーリンク

開催履歴、スケジュール

スプラトゥーン2の4つのクマブキの中で最後の登場となったクマチャーですが、現時点では次回のクマチャー編成がいつになるかは全く不明です。
また、何種類のクマブキが登場するかも不明なので、不透明な部分が大きいです。

クマチャー編成回の開催履歴は以下の通り。

  • (1回目)第78回 2023/01/14 17:00 – 01/16 09:00

その他のレアブキに関しては別記事に開催履歴をまとめていますのでそちらをご覧ください。

まとめ

以上、クマサン印のチャージャーの解説を行いました。
スプラトゥーン2からの再登場となったブキですが、以前と同じくとんでもなく強いままに再登場してくれて安心しました。
次回以降に編成に組み込まれるのはいつになるかはわかりませんが、その時が来るまで楽しみに待っておきましょう。

まだスプラトゥーン3を持っていないという方は是非ご購入してみてはいかがでしょうか。2から多くの要素が追加されており楽しめること間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました