【ビッグラン】海女美術大学の攻略情報まとめ。特殊WAVE対策など
ゲームスプラトゥーン

【ビッグラン】海女美術大学の攻略情報まとめ。特殊WAVE対策など

スポンサーリンク
ビッグラン

スプラトゥーン3では「ビッグラン」という特別なサーモンランイベントが開催されています。
第2回のビッグランはステージは海女美術大学となっており、ナワバリバトルでは馴染みのあるステージですが、普段のサーモンランとは全く異なるステージのため、どういった立ち回りが正解なのかも不透明な部分が多いでしょう。

本記事ではある程度海女美術大学のビッグランをプレイしたうえで、これが恐らく効率がいいであろうと思ったこのステージの立ち回りなどについて解説します。
ナワバリバトル、バンカラマッチについての攻略情報は含まれませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

ビッグランについて

ビッグラン

ビッグランとは、数か月に一度発生するという期間限定イベントです。(おそらく1シーズンに1回)
ナワバリバトルのステージにシャケの大群が押し寄せてくるというもので、ステージが違う以外は基本的なシステムは通常のサーモンランと同じです。

その他ビッグランの詳細についてはこちらをご覧ください。
※参考・【スプラ3】ビッグランについての攻略、報酬や上位5%に入る方法【サーモンラン】

スポンサーリンク

海女美術大学のビッグランについての基本情報

前回のスメーシーワールドでのサーモンラン(ビッグラン)では通常のサーモンランと同じく潮位が変動しましたが、今回も同様に潮位変化があります。

満潮の潮位ではナワバリバトルのスタート位置あたりにイクラコンテナが設置され、通常潮はその位置下にコンテナ、干潮の際はステージ真ん中に移動し、そこにコンテナが設置されます。
干潮および通常潮ではカンケツセンから水が噴き出してそこからもザコシャケ、オオモノシャケたちが出現します。

干潮はかなりステージが広くなって、金イクラを稼ぎづらいので、上位5%を目指すなら干潮が来ないことを願うしかないです。
満潮が最も稼ぎやすいですが、その分狭く難易度もがあってきますので、敵の迅速な処理を心掛けましょう。

とりあえず、第3回以降で海女美術大学が次いつくるかについては全く不明…というか当分は来なさそうな気はしますが、記録として残す意味も含めて記事にしておきます。

スポンサーリンク

特殊WAVE対策

スメーシーワールドでも特殊WAVE(特殊な状況)は存在し、ラッシュ、グリル発進、霧、ハコビヤ襲来だけが確認されているようです。
干潮では通常発生しないラッシュやグリル発進が発生することがあります。
カンケツセンからシャケが出る仕様となっているので、カンケツセン関連のイベント(キンシャケ探し、ドロシャケ噴出)が発生しません。

ラッシュ(ヒカリバエ)

海女美術大学 ラッシュ
海女美術大学 ラッシュ

通常潮・干潮ではこの位置がクリアしやすいです。
ヒカリバエがついた人が1枚目の画像の位置(インクがピンクの方)に立つと、通常潮コンテナ側にシャケたちが集まってきます。
基本的にはこの位置で迎え撃つのがやりやすく、コンテナの近くに金イクラを落とせるし、攻撃もしやすいです。
二枚目の画像の●位置(黄色いインク)に立つと、坂道の方にシャケを逃がすことが出来るので、金イクラが溜まってきたらこっちに移動して納品タイムを作ると良いでしょう。

干潮時の場合、コンテナ横にある面積の狭めの高台上に集まると処理はしやすいですが、納品のタイミングが難しいです。
2枚目の画像の★の場所に立つと干潮コンテナ側にシャケが集まってきますので、そこに立つと良いと思います。

満潮ラッシュ
満潮
セミ
セミ

満潮時はコンテナ後方の小さな箱の上が安全地帯で、シャケを迎え撃つのに最適です。
ただ、インク回復ができない&納品もしづらいので、全員のインクが切れる前に別の場所にシャケを逃がす必要があります。
近くの壁を塗っておいて、セミ行為を挟むと納品&インク回復の時間を作れるでしょう。

グリル発進

グリル
干潮ならココ
海女美術大学 ぐりる
通常潮ならここ

グリルは干潮ならこの位置だとコンテナにも近いし、倒しやすいしでいいと思います。
通常潮なら上記のラッシュの解説と同じ位置でも良いですし、その左側に見えている高台ならより楽に簡単に誘導ができると思います。
通常潮なら絶対に意識したいのはスロープ(傾斜部分)を通った後でグリルを倒すようにしましょう。坂の上はセンプクができず移動が遅くなるので金イクラ回収の効率がグンと落ちます。

満潮グリル
満潮

満潮時はコンテナ横のスロープの近くに立って倒すのがやりやすいです。

こちらは通常WAVEと基本は同じで深く霧がかかった状態になるということで難易度の高い特殊WAVEですが、キンシャケが出現することから今回の上位報酬を目指す上では乱獲がしやすくなることからメリットもありかもしれません。

なるべくキンシャケは遠くで倒してしまわないように、コンテナまで寄せたうえで倒して納品を進めましょう。
遠くでキンシャケを倒すと運ぶのが大変になりますから、コンテナの近くで倒して納品というムーブができると運が良ければ5、60個を狙えます。
海女美術大学の霧という観点では特別変わった攻略法はありません。

ハコビヤ襲来について

ビッグランで乱獲するためには「満潮のハコビヤ襲来」が来たら大チャンスです。
普通であればハコビヤでスペシャルを使用することは基本ありませんが、ビッグランに限っては上位5%を目指すなら使用を推奨したいです。
コンテナに吸い付きに来た母艦に対してスペシャルを使用して、飛び立つシャケコプターをリスキルし、コンテナ前に大量の金イクラを生み出させることができます。
そのために有効なスペシャルは「カニタンク」「トリプルトルネード」「ナイスダマ」「メガホンレーザー5.1ch」です。

うまくいけば野良マッチングでも60~70個くらい稼げます。

結果

第2回ビッグラン

第2回海女美術大学のビッグランの結果は↑のようになりました。
上位5%は141個と、前回の137個から4個上回る結果になりました。

これは前回の137個が参考記録としてあったため、そこを上回らないとという思いのユーザーが多かったというのがまず第一にあるでしょう。
50%、20%のボーダーも上がっており、単純にユーザーのスプラトゥーン3のサーモンランおよびビッグランに対する理解度の高まりもあると思うし、また、発売から半年ほどたったことによるライト層のユーザー離れなどもあるかもしれませんが、アップデートにより戻ってきた人も多くいると思うのでトントンくらいでしょうか?
個人的には海女美術大学はスメーシーワールドよりも難易度が高かった印象なので、137から減ってもおかしくはないと思っていましたが、やはり前回のボーダーを気にする人が多かったのでしょう。
とにかく寄せが難しかったし、特に通常潮位はコンテナ周りが狭くカタパッドが出現すると地獄絵図になりましたし、反対に奥は広いからハコビヤですらも集めにくかったですしね。

とにかく、今後も5%ボーダーは140個前後になることが予想されます。
次回、次々回も上がり続けるかと言われるとさすがにそこまでガチ勢だらけにはならないと思うし、そんな易しいものではないので、多くとも145~150個くらいで落ち着くと思いますが、安心するためには150くらいは目指したいかなという印象です。

管理人の結果

タツオキモノ

私は結果の見出しの画像右上に出ている通り、ハイスコア165個でしたので、無事5%入り、金のタツのオキモノもゲットです。
バッジは第1回分と共通なので新たなものはありませんでした。

まとめ

以上、海女美術大学の攻略情報を駆け足ですが、軽くまとめました。
足りない部分については随時更新していきます。
今回は個人的にはスメーシーワールドよりも難易度が高くなっていると感じており、前回のボーターの136個よりも上回るかどうか微妙な所に思います。

次回の海女美術大学での開催というのがいつになるか、そもそもあるのかどうかすらもわかりませんが、とりあえず今回の攻略に役立てていただければ幸いです。

コメント