ゲームスプラトゥーン

【スプラ3】クマサン印のストリンガーの強み、倒すべきオオモノを解説【サーモンランNW】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

先日2022年10月2日~3日にかけてのサーモンランNEXT WAVEのシフトで新たなクマブキ「クマサン印のストリンガー」が初登場しました。
本記事では「クマサン印のストリンガー」の上手な使い方・生かし方、このブキの強みと弱みについてまとめます。
クマスト編成の開催は終了してしまいましたが、次回登場に向けての準備とおさらいをかねてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

クマサン印のストリンガーについて

「クマサン印のストリンガー」はスプラトゥーン3から初登場したブキであるストリンガー種のブキとなっています。
サーモンランのバイトの雇い主であるクマサンによって作られたのがこの「クマサン印のストリンガー」です。

クマサン印のブキというのは違法改造ブキで、サーモンランの特定編成でのみ使用できます。
前作スプラトゥーン2でも4種(チャージャー、スロッシャー、シェルター、ブラスター)登場しています。クマサンの私物であり、前作のクマサン商会からのお知らせでは「見つけても絶対に持ち出さず、口外しないでください。」という説明がされていることからも、一般には流通していない違法ブキであることが伺えます。

クマサンブキは基本的に通常のブキと比較して「インク効率を悪くした代わりにとんでもない性能を身につけた」ものとなっていて、このストリンガーも例に漏れず凄まじいスペックを誇ります。

トライストリンガー、LACT-450はともに一度に放つことのできる矢は3本ですが、クマストリンガーは一度に9本の矢を放つことが出来ます。
実に3倍、さらに威力はフルチャージで1本あたり150ダメージですので、すべて当たれば合計1350ダメージを与えることができます。
反面、インク消費が激しく、フルチャージを4発程度でインクがなくなります。
インク管理に気を付けて立ち回る必要があるでしょう。

また、9本の矢は横並びになっているわけではなく、一つ一つの銃口(照準)は上下にばらつきがみられます。
このあたりはクマサンの手作り故のものでしょうか。

スポンサーリンク

クマサン印のストリンガーの上手な使い方

クマストを語る上でやはり外せないのはその威力でしょう。
フルチャージで9発すべて当てれば1350ダメージとなり、あの厄介なテッキュウすらも一撃どころかオーバーキルです。
ただし、横撃ちだと全弾当てるのは難しいので、テッキュウを一撃で葬り去るためには撃つ前にジャンプして縦撃ちで当てる必要があります。

この圧倒的な威力から基本的にほとんどのオオモノシャケを相手にすることが出来ます。
ヘビ、テッパンはもちろん、モグラもボムを喰わせるまでもなく直接一撃で倒せるし、実はタワーまでも一撃で倒せます。
タワーを一撃で倒すには少し距離を空けて縦撃ちをします。↓

広範囲に撃てることからもザコシャケの群れにもそれなりに強いし、タワーやテッキュウ討伐のための遠征も苦ではありません。インク切れには注意する必要はありますが。

反対に苦手とまではいかずともわざわざクマストで相手する必要のないオオモノはカタパッド、ハシラでしょうか。
インク効率は良くないブキなのでボムを投げる必要のあるカタパッドよりも他のオオモノを倒すという役割に回ったほうが効率がいいと思うし、ハシラも上に登ってしまえば倒せるでしょうが、各照準にばらつきがあることからも処理速度は遅め、他のオオモノを処理したほうがいいと思うので優先順位は低いです。

また、ナベブタが浮いている状態で本体に当てるのは結構難しい印象です。
至近距離でないとフルチャージでも倒すのに数発かかります。

スポンサーリンク

特殊WAVE(グリルとラッシュ)での立ち回り

特殊WAVEの中では特にグリルに対して強いです。
グリルに対しては矢が3発当たればスタンして停止し、14発分当てれば破壊できます。
つまりオールランダム編成でクマストの回もしくはクマフェスでクマストが2人以上引くことができれば、同時にフルチャージを当てればグリルをノーダメージの状態から一発で撃破することができます。

そのためには至近距離でグリルの尻尾(弱点)を狙う必要がありますが、シェケナダムやムニ・エールの高台ならちょうど狙いやすいです。

ラッシュ(ヒカリバエ)ではインク効率の悪さからかなり難しさがあります。
ノンチャージではザコすら一撃で倒せないし、どんどんキンシャケにも押されていくので、基本的には矢の爆発でザコを処理していくのが良いでしょう。
↓の通り、爆発は1本40ダメージ×9本で合計360ダメージです。

開催履歴、スケジュール

現時点では次回のクマストリンガー編成がいつになるかは全く不明です。
また、何種類のクマブキが登場するかも不明なので、不透明な部分が大きいです。

一応、前作のスケジュールから推測すると、前作スプラトゥーン2では8回に1回の間隔でランダム枠が設けられた編成が組まれており、そのなかに1種類だけクマブキが紛れていました。また、16回に1回の間隔でオールランダム編成が開催されています。
さらに、ランダム枠編成の5回に1回はクマブキオンリーの通称「クマフェス」という編成での開催もありました。

1枠ランダム(クマブキ1種) → オールランダム(クマブキ1種) → 1枠ランダム(クマブキ1種) → オールランダム(クマブキ1種) →  1枠ランダム(クマブキ1種) → クマフェス(使用ブキはクマブキ4種のみ)

クマブキ登場回は↑のような間隔で開催されていました。

上のスケジュール的にもそうだし、ついでに4種類のクマブキが出そろわないとクマフェスはできないため、とりあえずはランダム編成が4回開催されてからになる可能性が高いです。


クマスト編成回の開催履歴は以下の通り。

  • (1回目)第15回 10/02 01:00 – 10/03 17:00

まとめ

以上、クマサン印のストリンガーについての使い方や立ち回りなどの解説でした。
次にクマサンストリンガーが使用できるのはいつになるかはわかりませんが、その時が来ればまたこの記事を参考に見ていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました