ゲームスプラトゥーン

【セミって?】サーモンランのラッシュ(ヒカリバエ)の全ステージ集合場所・攻略

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

こんにちは。マネキです。

先日のサモランのクマフェス、楽しかったですね。私もプレイし無事カンストしました(2回ミスった)。やはりクマスロは神。スプラ3でも続投してほしい。

さて、今回の記事ではサーモンランでの特殊WAVEのラッシュ(ヒカリバエ)の攻略情報をまとめていきます。全ステージの集合場所と記事の後半には”セミ”と呼ばれる戦略について解説していますので是非最後までご覧ください。

本記事の内容
  • サーモンランのラッシュについての概要
  • 各ステージの集合(迎撃)に最適な場所
  • セミ行為と呼ばれる戦略についての解説

※本記事はスプラトゥーン2のサーモンランの攻略記事です。スプラトゥーン3での攻略情報は発売後、別記事にまとめます。

スポンサーリンク

ラッシュ(ヒカリバエ)の概要

ラッシュは特殊WAVEの一つで、開始前にステージが暗く(夜)になって凶暴化したシャケが猛スピードで襲い掛かってきます。
プレイヤーの誰かひとりにヒカリバエと呼ばれる光る虫が大量にまとわりつき、シャケたちはヒカリバエがついたイカを狙います。

ヒカリバエが別のプレイヤーに移るタイミングは、キケン度により異なるようですが、約10~15秒ほどと思っておけばOK。

ラッシュのWAVEはキンシャケ以外のオオモノシャケは一切出現しないので、一見簡単かと思いきや、ブキ編成次第では最も難しい部類のイベントと言っても過言ではないレベルです。
ザゴシャケの体力は通常WAVEよりも低く設定されていますが、尋常ではないスピードでシャケたちは走ってくるので、誰か一人でもデスすると一気に崩れ落ちる危険性があります。

バラバラになっていてはデスする危険性が高く、ヒカリバエがついたイカのみを攻撃するという特性上、一か所に集まってシャケを迎え撃つという戦法が最も無難でありラッシュのセオリーです。
バラバラになっていた場合、別のプレイヤーにヒカリバエが移った際にシャケも突然方向転換してくるので、反応しきれずにやられる可能性が高いです。(そのため、一か所に集まっていたとしても、金イクラを入れに行く際は細心の注意が必要。)

ということで、ステージ別にどの場所に集まればよいかを解説していきます。

ヒカリバエでの必須テクニックである低速ローラーについての解説はこちら。↓
※参考・【スプラ2】ヒカリバエでの必須テク低速ローラーの解説。やり方など【サーモンラン】

スポンサーリンク

ラッシュのステージ別集合場所、立ち位置

シェケナダム

ラッシュ ダム

シェケナダムはここ一択。コンテナ横の高台です。
コンテナがすぐ横にあるので金イクラを入れやすい。2方向からシャケは来るものの、高台にいれば最終的に坂部分を通るので高台にいれば方向は気にせず迎え撃てます。
特に解説することもないでしょう。
一つ注意したいのは、この画像でいう右側の下に金イクラが落ちていっても無理に取りに行く必要はないということです。この下の部分をシャケが通ることが多いのでやられやすいです。

難破船ドン・ブラコ

ドンブラコ ラッシュ

ドンブラコはこの位置です。右側金網前。
「え?金網後ろじゃないの?コンテナも近いし入れやすい」と思った人もいるかもしれませんが、金網前か、金網上です。
こっちじゃないといけない理由は、金網後ろに立つと左からもシャケが攻めてくることとなってしまい、一方向から迎え撃つことができなくなります。
ドンブラコのラッシュで全滅する黄金パターンがこれで、この場所を理解していない人が後ろに立ってしまい、その人がやられる→前に立ってた味方も後ろからシャケがきてやられる、ということが起こりがちです。

コンテナから遠くなってしまうので、ノルマ不足になるのではと考える人もいるかもですが、ちゃんとこまめに運んでおけば不足することはないし、シャケが来るのを一方向に限定したほうが倒しやすく安全に運びやすくなるというメリットもあります。

海上集落シャケト場

シャケト場 場所

トキシラズはここしかないです。
左側の入り口からシャケが来ているタイミングで安全に納品もでき、どの方向からシャケがきても全てのシャケを安全に迎え撃てます。

金網側の小さな高台という選択肢は個人的にはなしです。納品の際の危険性が高いし、4人集まったら場所的に狭いのでシャケがあふれかえって安定感が皆無です。

トキシラズいぶし工房

トキシラズ 場所

トキシラズはこの位置か、もしくは上の画像の右上の位置(干潮反対側。金網があるほう)のどちらかになります。
個人的には画像の集合場所です。野良でも9割こっちにみんな集まっている印象です。

理由は二つ。高台がU字型でシャケの進行ルートに距離ができるので、安全度が高いことと、セミ(後述)がしやすいことです。
ただ、リフト横高台の方もちゃんとメリットはあり、干潮側からシャケが来ている間は一直線に進んでくるのでシェルターのパージが有効になるという点や、コンテナが近く納品しやすいなどがあります。
セミをやるには高さが足りない(リフトと金網の間の壁でもできるけど…降りたときにリフト横からそのままシャケも降りてきて危険)など、安定感に欠ける印象です。
しかし、他の味方がそっちに集まっているなら自分が妥協して移動してもいいかなというくらいの差ではあると思います。最優先は味方と固まることです。

朽ちた箱舟ポラリス

ポラリスは個人的にはこの位置一択と思っています。

コーンのオブジェがある方向(干潮反対側)に伸びていくライドレールの始点、アスパラガスのオブジェが背にある位置に集まるのが良いと思います。
この位置なら、シャケの侵攻方向を2方向に限定できます。前から来る場合は直線的に来るのでパージが通りやすい、右から来た場合でも視覚的にわかりやすいので気付きやすく対応しやすいです。納品も前から来ているときに安全に行えます。
いざというときはヒカリバエの人がレールに乗って反対側にシャケを集めることも可能です。

ポラリスではあと2つ集合場所の選択肢がありますが、個人的にはどちらもNGです。
理由も解説すると、まず、干潮反対側は3方向からシャケが来るので対応が難しい場合があります。あとライドレースの位置が近いので誤って乗ってしまう場合があり、その間に味方がやられてしまう恐れがあります。ただし、満潮時のみこっちでもアリかなとは思う。満潮の場合はこちらの方が上陸から迎撃ポイントまでの距離があって対応しやすいです。

干潮側へ伸びるライドレールの始点の場所だけは何があっても集まってはいけない場所です。3方向から
シャケが侵攻してくる上に狭いです。特に左右両方から来るのがとても厄介で、左右から来た場合に迎撃できるのに十分な距離がないので対応が追いつきません。

スポンサーリンク

セミ行為とは何か?有用性と目的

サーモンランでよく聞くセミ行為とは何かというと、壁や柱に張り付いてシャケを回避する行為です。
これは『どういう目的で行うのか』と、『どういう点が有用なのか』という点をしっかり理解する必要があります。
目的を理解していないとセミをしても意味がない、というか目的に沿ったセミをしないと逆に悪手になりかねないということを覚えておきましょう。

まずどういう目的で行うのかですが、これはシャケをコンテナから遠ざけて一時的に納品に専念できる状況を作ることと、シャケの攻撃を安全に回避できるので生存できることが挙げられます。

主に1つ目の目的で行うことが多いです。
ラッシュの難しさのひとつに押し寄せるシャケの多さによって納品が困難になることが挙げられ、コンテナ周りに金イクラが散らばっていても処理に追われて取りに行けない、持っていても納品できないという状況が多々あります。
これを打破すべく、安全に納品する時間を作るためにコンテナからシャケを遠ざけて他の場所に集める目的ハエがついた人がセミをするのです。
シャケは壁や段差を登ることができないので、壁でセミをしているとシャケが下で群がり続けます。ただし、セミの状態で5秒くらい経つとシャケがジャンプしてきて殴られるので注意。5秒くらいで元の位置に戻りましょう。

もう一つの生存目的のセミは、ノルマ達成後の残り10秒くらいのタイミングで安全にクリアするために行ったりもします。油断したり、欲張って金イクラを乱獲しようとするとあっさり全滅しかねないので、そういう雰囲気を感じたらハエが自分についていなくてもセミをして生存に切り替えたりします。

セミをする際の注意点。勘違いされがちな部分

セミをする理由は上で説明した通りで、あくまで納品のためという意味合いが強く、『シャケを一か所に集めて他の味方に倒してもらう』などではないということ。
これをよく勘違いされている人がいて、いわゆるシャケト場の『室内セミ』です。
シャケト場の室内の壁や柱(内側)に張り付いてカモンを連打する人がいます。これはハッキリ言って悪手で、これをしても全く意味がありません。

ラッシュは次々とシャケが押し寄せてくるわけで、攻撃役が1人減れば火力は3/4になり、キンシャケを倒すペースも遅くなります。そうなるとノルマ不足にもつながるし、ハエが他の人に移った時に3人で迎撃するので単純にリスクが高いです。(室内セミは屋外セミと違って距離が短いので、ハエが剥がれたときにシャケが他の味方に行くスピードが速い)
シャケト場でセミをするなら絶対に外!(詳細は後述)

各ステージのセミの場所

セミ行為ができるステージはシェケナダム、シャケト場、トキシラズの3つです。

シェケナダム セミ
シェケナダム
シャケト場 セミ
シャケト場
トキシラズ セミ
トキシラズ

各ステージのセミをする場所として推奨したいのは上の画像の場所です。(画像はクリックで拡大できます。)

ダムは干潮反対側の壁です。桟橋側の方は坂道でシャケとの距離が近くリスキーなのでこっちが安定します。

シャケト場は上でも説明しましたが、部屋の外側の壁(柱)です。ここでセミをすることによってシャケを全員外に出すことができ、安全に味方に納品してもらえます。シャケト場はコンテナ周りに金イクラが落ちやすいですから、2~3度この屋外セミを行っても十分ノルマ25でも達成可能です。
上にも書きましたがセミを5秒くらい維持するとシャケはジャンプして襲ってきますが、このシャケト場の柱の一番上にいてもシャケのジャンプは届きます。そういう場合に備えてここの上の部分も右まで全部塗って、左右交互に移動するようにセミをするとシャケの攻撃に当たらずに済みます。

トキシラズは干潮側の壁ですね。リフト付近の高台側は安定感に欠けると思うのでこちらで良いと思います。

ドンブラコとポラリスはセミをするのに有効な場所はないですが、ポラリスはライドレールに乗って時間稼ぎもできます。ただしライドレールに乗ったら終点側で待ち構えられるので注意は必要です。

一つ覚えておきたいのはセミをする理由は『納品』が目的なので、ノルマ達成が確実視できる状況なら無理にセミをする必要はないということです。
とりあえず自分にハエがついたからセミ、という立ち周りは少し危なくて、金イクラが落ちていないのにセミをしてもあまり意味はないということです。

まとめ

以上、全ステージの集合場所(迎撃場所)とセミについての解説でした。
ラッシュは特殊WAVEの中でもかなり難易度の高いイベントですから、気を抜かず、セオリーを守りながら攻略していきましょう。
ラッシュには『低速ローラー』というテクニックもあり、そちらは別の記事でまとめておりますので、よければあわせてご覧ください。

スプラトゥーン3でのサーモンランの解説記事も発売後にどんどんと投稿していく予定なので、よければその際はチェックしてもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました