ゲームマリオカート

【マリカ8DX】ドラゴンロードNISC成功への3つの秘訣【画像・動画付】

スポンサーリンク
サムネイル

こんにちは。日々マリオカート8DXを練習中のマネキと申します。

ドラゴンロードのNISCを画像・動画付きで解説したいと思います。このコースは個人的には打開も前張りもできるコースというような印象です。中位を走っていると周りに揉まれて上がりにくいけど、一度前に出ると独走もしやすいと思うので、NISC成功できれば結構差をつけられると思います。

結構難しい部類のNISCかもしれませんが、一度感覚を身につけることができれば成功できるようになりますよ。
本記事で紹介するポイントを意識すれば必ず成功できるようになりますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

そもそもNISCとは?

NISCについての説明となりますので、知っているという方はこちらをクリックして下の見出しまで飛ばしてください。

NISCとは、No Item Short Cut(ノーアイテムショートカット)の略で、ニスクと読みます。マリオカート8DXにおけるテクニックの一つで、本来キノコやスターなどの加速系アイテムでショートカットをする場所をアイテムを使わずにショートカットするというテクニックです。
基本的に後ろから打開する際は加速アイテムを所持している場合がほとんどなので、NISCをしなくてもショートカットができますが、先頭集団を走る際は加速アイテムは出にくいですから、打開が難しいコースではNISCをすることで走力の差を付けていくというのが基本の戦法です。

スポンサーリンク

ドラゴンロードのNISCのポイント

ドラゴンロードはうねうねと蛇行した道が多い構成のコースとなっているので、苦手という人も多いのではないでしょうか。
NISCを使えば序盤の大きな蛇行ゾーンをショートカットできて、一気に前に出ることができますので、ドラゴンロードで前逃げを狙うならぜひとも習得したいテクニックです。

ドラゴンロードNISCのポイント3点
  1. UMTを溜めるために逆ドリフトをしてから右ドリフト
  2. UMT開放後左にミニジャンプ2回
  3. MTを溜めてミニジャンプして向こう岸に飛び越える

ドラゴンロードのNISCのポイントは上記の3点です。
このポイントを意識すれば成功できるようになるはずです。

参考までに動画をご覧ください。(私のツイートです。)

それでは具体的に解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.UMTを溜めるために逆ドリフトをしてから右ドリフト

開始位置
ここを目安に逆ドリいれる
ドリフト開始
右ドリフトを開始する

まず一つ目のポイントです。
スタートしたらすぐに龍の口の中に入るとS字カーブがありますので、そこの折り返しカーブで紫ターボ(UMT)を溜めてすぐ開放。直線に入るとNISCに向けてドリフトを開始します。
この時、ドリフトを開始する位置は左の地面が盛り上がったあたりからで、画像の丸を付けてるところを目安にしてください。左の地面か右の窓ですが、私は基本右は見てません。この時逆ドリフトを入れて右ドリフトを開始すると、よりUMTが溜まりやすくなります。(逆ドリフトとは、曲がる方向にドリフトを入れる前に一度逆側にミニジャンプをしてからドリフトすること)
逆ドリフトはしなくてもいけますが、したほうが安定すると思います。

2.UMT開放後左にミニジャンプ2回

走行位置1
コインの左側から回り込んでドリフト
走行位置2
この位置から左スティックは右に倒し続ける

ドリフト中の走行位置としては、まず2枚コインが並んだ部分はコインの左側を走ります。コインはスルーです。そして、急カーブに差し掛かったら左スティックを完全に右にだけ倒し続けてUMTを溜めにいきます。ここはアウトにスティックを倒す必要はありません。右にだけ倒しましょう。

UMTが溜まる位置
この辺でUMTが溜まる
ぴょんぴょんする
溜まったら即開放し、左にミニジャンプ2回

UMTが溜まったら、開放してすぐに左にぴょんぴょんとミニジャンプを2回出します。
このぴょんぴょんする意味は、ライン調整ですが、2回ぴょんぴょんと飛ぶことで減速せずに車体の方向を調整することができます。
このぴょんぴょんはマリオカート8DXではよく使うテクニックなので覚えておきましょう。

3.MTを溜めてミニジャンプして向こう岸に飛び越える

右ドリフトを開始
ここから右ドリフトを開始し・・・
飛ぶ位置
白い位置からミニジャンプ

UMT開放後のぴょんぴょんしたあとは、そのまますぐに右ドリフトをしてミニターボを溜めます
ここでミニターボが溜まらないと向こう岸には届きませんので、左スティックはほとんど右に倒し続けるような感覚です。ライン調整のために多少反対側に倒すこともありますが、基本は右に倒しっぱなしです。コインは無視しましょう。
そして、ここから飛んでくださいと言わんばかりに壁が取っ払われてる部分があり、そのきわきわの部分から飛ぶのを意識します。ちょうどわかりやすく道路の端にタイルがありますから、ここの白い所を目印にしましょう。
白い部分に乗ったらターボ開放と同時にミニジャンプをして向こう岸まで跳ぶという感じです。

正直、初めやってみたときは『こんなのどうやって成功させるんだ…』と思うかもしれないのですが、慣れると意外と簡単にできるようになりますよ。

失敗パターンについて改善すべき点を解説

色々やることがあって操作が忙しいと思いますが、意識すべき点は UMTを溜める > 2回ミニジャンプ(ぴょんぴょん) > UMTをなるべく早く溜めて開放する > ぴょんぴょん後のMT の順で重要と思っています。いや、もちろん全部できないと成功できないんですけどね。
ただ、すべての工程を一度に覚えるのは難しいと思うので、ひとつずつ確実にできるようになっていくというのが大切です。一つの工程ができて、それなのに最終的に失敗するというのはどこかがおかしいということなので、それがどこなのかに気付けたら成功に一歩近づいた証拠です。
失敗した場合でも動画を取ってどこがいけないかを分析するという方法はおすすめですよ。

ドラゴンロードのNISCの失敗パターンは主に以下の2点です。

  • UMTが溜まっていない
  • ぴょんぴょん後のMTが溜まっていない

ドラゴンロードのNISCは一見複雑なように見えて単純で、ターボが溜まっていないと成功できないというものなのです。

もちろんライン調整をミスっていれば失敗しますが、個人的な失敗パターンで一番多かったのがぴょんぴょん後のMT溜めが安定しなかったことでした。
これの原因は大半がその直前のUMTを溜めるのが遅いことにあります。
UMTの溜めが遅いとその分開放も遅くなり、さらにそのあとのMTも溜める時間と距離がなくなってしまいます。十分に余裕を持ってMTを溜めるためにもUMTを早く開放することが重要になってくるわけです。
そのための逆ドリフトですね。

また、落下を恐れてドリフト中にアウト側にハンドルを倒してしまうパターンも割と私の中では多かったのですが、これもよくないですね。その分ターボが溜まるのが遅れますし、インコースを走らないとライン取りも上手くいきません。
なるべくスティックはインに倒す、そして早くターボを溜める。これに尽きます。

まとめ:UMTを早めに溜めよう

以上です。何度やっても成功しないという方は失敗パターンのどれかに当てはまっている可能性が高いので、ひとつずつ改善していくことを意識して取り組んでみてください。
動画を見て、どのへんまでにターボを溜めないといけないのか、どのラインで走ればいいのか、などを自分の走りと比較してみるといいかもしれません。

ドラゴンロードは道が狭く壁に囲まれているという箇所が多いので、中位の争いに揉まれると上がるのがとても厳しくなります。そのためにもNISCを習得しておくと一気に前に出られて1位を取りやすくなるでしょう。
ただし、VS(オンライン対戦)だと1位スタートの時以外は押されたりスリップストリームをもらったりなどでNISCができない場合も多いので、その辺は臨機応変に立ち回りましょう。

マリオカート8DXを持っていない人や、持っているけどコース追加パスを持っていないという人はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。きっと楽しめること間違いなしです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました