第1回バイトチームコンテスト攻略、オオモノ出現順、出現位置など
ゲームスプラトゥーン

第1回バイトチームコンテスト攻略、オオモノ出現順、出現位置など

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

第1回バイトチームコンテストの第1~第5WAVEまでの潮位、イベントやオオモノシャケ出現順などをまとめた記事です。
立ち回り方などを解説しています。

スポンサーリンク

バイトチームコンテストについて

引用元:https://twitter.com/SplatoonJP/status/1643901361116045319?s=20

バイトチームコンテストについて軽く説明しておくと、スプラトゥーン3から新たに追加されたイベントです。

チームを組んで参加するイベントで、ビッグランのように金イクラの納品数を競うというものになっています。
ビッグランとの違いはステージが通常のサーモンランステージであることと、バイトシナリオが固定されるという点です。

ブキは4種のブキの中から一つ選んで5WAVEずっと同じブキを使い続けることとなります。

ノルマを大きく超える金イクラを納品できればキケン度がアップしていきます。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

スポンサーリンク

第1回バイトチームコンテストの概要

バイトチームコンテスト

キケン度は納品数に応じてその次のWAVEごとに変動していきますが、60スタートで、ノルマ×2の金イクラ納品で+60、×1.5で+30となっていそうです。それ以下はキケン度増大なし。

支給ブキはスプラシューター、ホットブラスター、スプラローラー、スプラチャージャーです。
スペシャルも固定で、ナイスダマ、メガホンレーザー5.1ch、カニタンク、ジェットパックの4つです。

選んだブキによってスペシャルが決まります。
スシ→ナイスダマ ホットブラスター→カニタンク ローラー→ジェッパ チャージャー→メガホン

スポンサーリンク

第1WAVE

潮位:干潮 通常WAVE 全回収で金イクラ21個

第1WAVEは全ユーザーキケン度が固定なので全回収が基本となりそうです。

初手湧き:テッキュウ
テッキュウ→テッパン→モグラ→コウモリ→コウモリ→テッキュウ→ヘビ の順で出現します。

テッキュウがまず出現するので、素早く倒して3つ金イクラ飛ばしたらすぐ帰ります。
次がテッパンとモグラなのでテッパンはコンテナまで寄せます。

コウモリ×2が出現したら、コンテナより後ろに下がってコウモリをコンテナ近くまで寄せます。

そのあとのオオモノがテッキュウなので、そこも倒しに行きましょう。
最後ににヘビが出てくるのでやられないように注意です。

第2WAVE

潮位:普通 グリル発進
最大キケン度120

鬼門の一つです。
アラマキ砦のグリルは難しいですし、全回収を目指すならスペシャルの使用も視野に入れましょう。
メガホンを1つくらいは使用してもいいかも。(といってもグリルは無限に最後まで出てくるので全回収という概念自体ないですが)

ローラーはコジャケ処理に専念して、チャージャーは自分にターゲットがつかない限りは上で撃ち続けます。
チャージャーがいかに撃ち漏らしなくグリルを止めることができるかにかかっているWAVEです。
グリルの誘導方法の詳細は別記事参照ですが、コンテナ前を通らせるか、コンテナ横の緩い坂を上ったあたりで止めて倒すのが理想です。

※参照・【攻略】グリルの全ステ誘導方法と各SPでの効率的な倒し方【サーモンラン】

第3WAVE

潮位:満潮 通常WAVE 初手湧き:カタパッド
最大キケン度180

カタパッドとバクダンが湧きまくります。
キケン度180になると一気に難易度が爆上がりします。
左奥のタワーがきついので、そこにスペシャルを切っていく必要はありそうです。

バクダンが多く出現するため、チャージャーがカギになります。チャージャーが苦手な人は選ばないようにしましょう。

終盤になるとハシラやダイバーが複数出現したり結構きつくなってきます。とにかくダイバーは塗り漏らしがないようにしたいです。確実に一回で仕留めましょう。
ハシラは出現したらすぐに倒しましょう。満潮のハシラは放置厳禁です。
ブラスターが地上から倒すか、チャージャーが塗ったあとスシかローラーで登って倒しましょう。

第4WAVE

潮位:普通 キンシャケ探し
最大キケン度240

キンシャケ探しですが、キンシャケがいるカンケツセンは固定なので覚えゲーです。
ですが、ブキ的に火力が低い編成なので、大キンシャケを倒しきるのは少々困難です。ザコ処理をしつつ、どんどん開けていくのがよいでしょう。
カニタンクは正直使い道があまりなさげなので、3つ目はコンテナ前を通っていくのでここで使用するとかなりの金イクラを落とせます。もしくは、コンテナ裏で出た際に使用すると良いでしょう。
カニタンクはここで使い切ってOKです。

キンシャケの出てくるカンケツセンは以下の画像の場所、順番の通りです。

1つ目
1つ目
2つ目
2つ目
3つ目
3つ目
4つ目
4つ目
5つ目
5つ目
6つ目
6つ目

第5WAVE

潮位:普通 通常WAVE 初手湧き:左奥からコウモリ、モグラ、ナベブタ
タマヒロイ:右後ろと左後ろから出現
最大キケン度300%(でんせつ750前後相当)

ここまでくるとキケン度の差異によってオオモノの出現は変動が大きそうです。
とりあえず初手湧きはコウモリ、モグラ、ナベブタなので、全力でコンテナまで寄せます。
コンテナの後ろで立ってるとコウモリが近づいてきてくれます。
ただ、初手湧き分はタマヒロイがすべて運んできてくれるので、すぐに倒して金イクラは放置していてもOKです。如何せん次の湧きがヤバイので、そっちに全力注ぎたいです。
(個人的には寄せる方をおすすめ)

タマヒロイ

この次の湧きから注意が必要で、中央奥にテッキュウ2体、カタパッドが出現し、モグラもついでに出現するので、ここがまずスペシャルの使いどころになりそうです。
ナイスダマかメガホン、カニタンクどれでもOKです。ナイスダマはここか次のテッキュウ湧きのタイミングでつかうのがベストに思います。
モグラはできればコンテナまで寄せたいですが、一緒に倒して発射台を使って飛ばすのもあり。ただし死なないように注意。

また、左奥にタワー2本が出現するので、メガホンかジェットパックの使いどころです。(ここはキケン度によっては出現しなかったりします)

その次も発射台位置からテッキュウ、バクダン、タワーがでるのでここでもスペシャル使っていきましょう。
延々とこの場所から湧き続けるので、ホットブラスターとスプラシューターが発射台のところで敵を倒し続けて、金イクラを飛ばし続けたいです。

終盤はダイバー、ナベブタに注意が必要です。

管理人の結果

とりあえず1日目に頑張ってみて200個越えは安定してきた感じです。
一緒に参加するフレンド3人もいなかったのでぼっちアルバイターの自分はチャンネル機能を使って実質野良参加みたいな感じでやりました。

バイトチームコンテスト結果
バイトチームコンテスト結果
バイトチームコンテスト結果

とりあえずこんな感じです。
これで上位5%に入れるかはわかりませんが、入れなかったらレベル高すぎる…。
チームで参加してるガチ中のガチ勢の人たちは300個も視野に入るみたいです。

WAVE1の21個回収はマストで、WAVE2、WAVE4の特殊WAVEでいかに確実に回収できるかがポイントな気がします。
グリルはチャージャーがロックオンされないかどうかという運要素はありますが、それさえ乗り越えれば50個も見えてきます。
最大の稼ぎどころはキンシャケ探しで、70個前後納品できればベストかなと思います。上手い人は80個行ってそうですね…。

ちなみに自分はWAVE3がどうしてもうまく回収しきれず、キケン度300%を体験することはできませんでしたが、まあ、上出来でしょう。

最終結果

結果

最終的には上位5%ボーダーは203個、上位20%が169個、上位50%は123個という結果になりました。
自分はあのあともう少しやって1個だけ更新して228個でした。上位5%入りで金のバッジとステッカーゲットです。

ボーダーはまあ200個前後になるとは思ってたので、予想通りです。
毎回ビッグランでも自分の最高記録-20個くらいがボーダーラインになっているので、今後もそんな感じになりそうな気がします。(上手くいかなくて自分の結果が下振れるときもあるとは思いますが)

300%

あと一応初日には見ることが出来なかったキケン度300%にも達することができました。
想像以上にやばかったですね…。これは慣れが必要そうです。もう終わりましたが。

まとめ

とりあえず駆け足ですが軽くまとめました。
情報は追加していきますので、都度チェックしてもらえれば幸いです。

コメント