ゲームスプラトゥーン

【スプラ2】カタパッド片翼放置は有益か?倒し方などの攻略情報【サーモンラン】

スポンサーリンク
アイキャッチ画像

スプラトゥーン2のサーモンランに登場するオオモノシャケ『カタパッド』についての情報のまとめになります。
カタパッドが複数出現したときなどの立ち回り方や効率的な倒し方、また、カタパッドの片翼放置と呼ばれる戦術が有効かどうかについて複数回の評価カンスト経験があるサーモンランガチ勢が詳しく解説してみました。

オオモノシャケの一覧、他のオオモノシャケについての情報はこちら

※本記事はスプラトゥーン2のサーモンランの攻略記事です。スプラトゥーン3での攻略情報は発売後、別記事にまとめます。

スポンサーリンク

カタパッドの特徴

カタパッド画像

カタパッドはオオモノシャケの中でもタワーと並んで凶悪度の高い、最も警戒すべきオオモノです。

ミサイル発射装置(コンテナ)を両肩に装備しており、コンテナ1つにつき1体のイカをロックオンして各コンテナから4発ずつのミサイルが発射されます。
このミサイルは直撃で確定一発で沈められる攻撃で、それを最低4発、最大24発(3体出現している場合)発射してくるわけですから、脅威でないわけがありません。
デスするリスクはもちろん、相手のインクに塗り返される範囲も広いので大変厄介です。

ターゲットになるのは右のコンテナが『カタパッドに最も近い人』、左のコンテナが『それ以外の人をランダム』と決まっています。どちらかのコンテナが破壊されている場合は左右関係なく『最も近い人』がターゲットになります。
ターゲットが決まるタイミングは初登場時および、ミサイルを撃ち終えてコンテナを閉じたときです。

移動場所は決まっており、最初に出現した場所とミサイル発射後に移動する先とを交互に移動するのみで、長い距離の移動はありません。

スポンサーリンク

倒し方と倒すコツ

倒すためにはコンテナにボムを投げ入れるというのが最も基本的な方法になります。
一部の武器を除いてメインウェポンでの撃破が不可能なオオモノとなっており、サブウェポンのスプラッシュボムをコンテナに入れるかスペシャルウェポンを使って倒すしかありません。

コンテナは2つありますから、2つのボムが必要ですが、1人でもコンテナが開いたらすぐに1つ目を入れてインクを回復すればワンターンキルすることも可能です。
カタパッドにボムを入れるのが苦手だという人は、Rボタンを長押しすることでボムの投擲の射線が表示されますので、その表示をコンテナの中に合わせてから落ち着いて投げるとよいです。

ちなみに、下の動画のように横からボムを投げ入れたりすることも可能ですので、こういう素早い動きができればクリア率があがるかもしれません。

また、メインウェポンでの撃破が可能な武器は2種類のみあって、『エクスプロッシャー』はメイン射撃コンテナに上手く撃ちこむことで破壊可能で、『クマサン印のスロッシャー』では本体部分を攻撃することで一撃で倒せます。この2つの武器を持った際は積極的にカタパッドを倒しに行きたいです。

有効なスペシャル

カタパッドが複数出現した場合には積極的にスペシャルウェポンを使っていきたいです。
有効なスペシャルは『スプラッシュボムピッチャー』、『ジェットパック』、『ハイパープレッサー』です。
『スーパーチャクチ』でも攻撃は可能ですが、チャクチを撃ってもドンピシャでミサイル発射口に当てれば一つ破壊できるのみということで、全く使用はおすすめできません。

スプラッシュボムピッチャー

ボムを連続で投げることができるので、そのボムを入れればいいですが、普段とは操作感が変わって、長押しすると投擲距離が伸びるので注意が必要です。ただ、それを生かして遠距離から倒すことも可能になります。

ジェットパック

弾をコンテナに撃ち込むことで一撃で倒せます。カタパッドが2体以上出現した際や、タワーとの同時湧きなどが起きた際に使いたいスペシャルです。弾をコンテナに撃つのは慣れないうちは難しいと思いますが、落ち着いて狙えば入りますので、ゆっくり正確に狙いましょう。
エイムを鍛えれば複数撃破も可能なため、戦況打開が十分に狙えるスペシャルです。

ただし、ジェットパック使用中の浮遊している状態でもカタパッドの弾には当たるので、なるべく移動しながら撃ちましょう。

ハイパープレッサー

ハイパープレッサーはこの中でも最もカタパッドを倒すのに有効で、真ん中の本体を照射しつづけることで倒せます。カタパッドが複数出現したら使ったり、タワー撃破のついでにカタパッドも倒すといった形になることがおおいです。

唯一カタパッドの近くに行くことなく倒すことのできるスペシャルということで、カタパッドはイクラコンテナの遠くに出現しがちですから、使いどころが重要になってきます。
安全圏からタワー・カタパを狙う=タワーと最も距離が離れている可能性が高い、ということでタワーに狙われる可能性も高いです。そうなるとプレッサーを撃つのは難しく、タイミングを図っているうちに他に追われて放置してしまった、なんてことがよくあります。ハイプレ中にカタパッドの弾が飛んでくることもよくあるし、結構ムズいです。自分が狙われない位置で発動するというのが理想的ですが、状況的にそれも難しい時もあります。
なので早めのスペシャル使用を心掛けることは大切です。

スポンサーリンク

カタパッドがいるときの注意点

やはりカタパッドが厄介な点はミサイルが最大24発も飛んでくる可能性があり、しかもそれが遠距離からの攻撃のため、倒しに行くのも一苦労であるという点です。

金イクラを取ってイクラコンテナ(カゴ)に運ぶというシステムな以上、どうしてもカゴ周りに人が集まりがちです。
他の人に飛んできたミサイルにも当たらないようにちゃんと着弾点(黒い丸)を見て動きたいです。
あとは自陣に戻る際は味方の金イクラの納品の妨げにもならないように気を付けたいですし、ターゲットになっている人は味方へ被害を与えないためにも、余裕があれば味方に近寄らないようにしてあげるということを意識したいです。

味方とボムを入れる先を被らないようにしたい

また、味方と一緒に倒すという際の注意点として、「どっちに入れるか?」問題があります。ボイスチャットや通話で意思疎通ができていれば問題ないですが、野良マッチングではそうはいきません。
同じコンテナにボムを入れることは単純にインクの無駄になるので、基本的には自分に近いほうに入れるでOKです。2人並んでいたら左に立ってる人が左に入れる。これは上級者の間での共通認識となっています。

周りの安全を確認してからボム投げ

カタパッドは危険なので積極的に倒しに行くのは素晴らしいことですが、ボムを投げれば75%のインクが消費されるため、インク不足に陥りがちです。インクが不足して周りの敵にやられるということを防ぐためにも周りの安全を確認してからボムを投げたいです。
カタパッドを倒しに行ったら他の敵にやられたというのは本末転倒ですからね。

“片翼放置”いわゆる『片パッド』は有効な戦術なのか?

サーモンランではカタパッドの片方のコンテナだけを破壊してそのあとはあえて倒さずに置いておくという”片翼放置“いわゆる『片パッド』という戦術があります。

キケン度が高くなればなるほどカタパッドは凶悪さを増していきます。多くのオオモノシャケが出現する中、遠距離からミサイルを何発も打ち込んでくるのはとても厄介です。
しかも出現するオオモノの偏りが激しくなる時があり、カタパッドを何度な倒してもカタパッドが無限に湧いてくる…なんて場合もあります。

こういう現象への対策として編み出されたのが片翼放置です。カタパッドの湧く位置は基本的に金イクラの回収が困難な場所のため、倒して金イクラを運ぶというのを繰り返していてもノルマ達成が難しいです。そこで『片パッド』を3体置いておけば次のカタパッドの出現を抑えつつ、被害を最小限(ミサイル24発→12発)に抑えられるというというわけです。
同じオオモノシャケは同時に3体までしか出現しないため、片翼という半壊状態でそれ以上の出現を抑制できるという点では有効な戦術なのです。

ただし、それでも12発も飛んでくるのです。果たしてこれが”被害が少ない”と言えるか?というところですよね。確かに無限湧きするよりはマシではあるものの、12発のミサイルは普通に重いです。
個人的な考えを述べますが、『遠くは片翼放置、近くは倒す』がベストと思っています。
もちろん、ボム一つ投げる余裕すらないほど追い込まれている場面では近くでも片翼放置ですが、基本的に遠すぎない距離の場合は倒してOKと思います。

もちろん、両翼カタパがいるのに、片翼カタパを優先して倒すのは御法度。両翼を片翼にするのが先です。

個人的に片翼にして放置がベストと思うのは『再び出現されると困る場所』にいるカタパです。遠い場所はもちろん、道中が金網でたどり着くのが困難な場所に湧いたものが特にキツイです。
具体的にはシェケナダムの満潮金網奥(画像1)や、海上集落シャケト場の中央金網に湧いた場合です。

画像1

ここに湧いた場合は即プレッサーか、片翼にしたまま放置を推奨したい。ここに繰り返し湧かれたら詰みかねません。

片パ(片翼放置)を一切考慮しなくていい場面

武器編成に『エクスプロッシャー』や『クマサン印のスロッシャー』がある場合はカタパッドを苦にしないので、片パは考慮しなくていいでしょう。
また、味方が単純にかなりの熟練者で、素早く動いてくれて戦況が楽な展開という場合にも積極的に倒していって問題ないです。

あとは残り時間が28秒以下になったら、それ以降は新しくオオモノシャケが出現することはないので、どんどん倒していって問題ありません。

また、片翼放置するべきなのは次々とオオモノが出現する高ノルマ帯での話であって、低ノルマ帯(達人帯より下)では湧きが緩いのでさっさと倒していかないと逆に危険です。

片パ(片翼放置)の注意点

片翼放置する場合の注意点ですが、あくまで味方と意思疎通を取れている場合の戦術であって、野良マッチングでは味方はこちらの意図に気付いてくれないという点です。

これは当然の話であって、「なんで片翼で置いているのに倒すんだ!」と怒るのは筋違いです。味方は危険を冒してカタパッドを倒しに行ってくれているわけで、野良で片翼放置したい意思を汲み取れなんていうのは無理な話です。
ましてやプレイヤーの全員が攻略サイト等を見ているわけがないし、いわゆる『エンジョイ勢』の人もいるので、こういった戦術を押し付けるのはよくないことです。

サーモンランでの野良マッチングで一番大切なのは状況に応じて適切な対応を取れるかどうかです。
「カタパばっか湧いてノルマ不足なりそうだし、片翼にしておきたいけど倒された」となれば、納品重視の立ち回りに切り替えるなどしましょう。

まとめ

以上です。カタパッドについて詳しく解説してみました。
片翼放置は有効な戦術であることは間違いないですが、あくまでフレンド部屋での立ち回りであることを前提として野良では味方に通じなくても仕方ないと思いましょう。

複数カタパッドが出現したらハイパープレッサーなどのスペシャルを切っていくというのも視野に入れ、『片パ』にとらわれ過ぎないことが重要です。

スプラトゥーン3でのサーモンランの解説記事も発売後にどんどんと投稿していく予定なので、よければその際はチェックしてもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました